創立費と開業費で開業前にかかったお金を経費にしよう!

会社を作る
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜忠弘(かしわざきただひろ)です。

東京都大田区で開業しています。

開業する前にかかったお金って、経費にならないと思っていませんか?

実は、開業する前にかかったお金は、創立費や開業費として、経費化することができます。

なぜなら、法人が開業する前からでも、設立費用や広告宣伝などするからです。

この記事では、繰延資産について、その後に創立費や開業費のことが書いてあります。

この記事を読むと、開業前の支払いを経費にすることが出来ますよ。

スポンサーリンク

そもそも繰延資産とは

創立費や開業費は、繰延資産と呼ばれています。

繰延資産とは、「法人が支出する費用のうち支出の効果がその支出の日以後1年以上に及ぶもの」です。

本当は、支出した時に全額を経費にすべきなのですが、支出した効果が長年にわたって影響を及ぼすので、繰延資産として計上し効果を及ぼす期間で経費化していくものです。

創立費と開業費の繰延資産

会社は、ずっと続くことを前提としています。

ずっと続く会社を創立したり開業したりする場合の支払いは、会社の最初から最後までの期間で影響を及ぼすので、その期間で経費化する必要があります。

理論上ですけど。

でも、会社が終わるまで経費化ってできないので、経費にする期間は決めています。

会計上では、5年の均等償却です。

法人税では、任意償却という取り扱いです。

今回は、法人税法の取り扱いについて書いて行きます。

創立費

創立費とは?

創立費とは、会社を設立するためにかかった費用です。

創立費ってどの期間の支払いのことなの?

会社を作ろうと思った時から、会社設立までの期間です。

創立費ってどんな支払いが該当するの?

創立費に該当する支払いは、以下の通りです。

会社を設立するための登録免許税

定款作成や会社設立登記の司法書士への報酬

会社設立のための印鑑代

などです。

中小企業だとこんな感じでしょう。

創立費ってどういうふうに経費化するの?

創立費は、法人税法では任意償却で経費化します

任意償却というのは、経費化の仕方を会社に任せるということです。

好きな時に好きなだけ経費にできます。

第1期で利益が出ている場合は、創立費全額を経費化することが出来ます。

利益が出ていないときは経費化を止めて、利益が出ているときだけ経費にすることもできます。

創立費の表示方法?

創立費は、貸借対照表では、繰延資産の部に表示します。

創立費を経費にするときは、創立費償却です。

営業外費用に表示します。

開業費

開業費とは?

開業費とは、会社を設立してから、開業するまでに支払った金額です。

開業費ってどの期間の支払いのことなの?

開業費に該当する支払は、会社を設立したところから開業するまでの間です。

開業費は、どんな費用が該当するの?

法人税法での開業費は、「開業準備のために特別に支出する費用」のことです。

開業費に該当する支払いは、以下の通りです。

開業のためのセミナー参加した時の支出

開業のためのあいさつ回りの支出

開業のための打ち合わせの支出

開業のためのチラシやパンフレットの作成のための支出

などです。

開業費をどういうふうに経費化するの?

開業費も創立費と一緒で、法人税法では任意償却です。

上でも書きましたが、任意償却というのは、経費化するのを会社に任せるということです。

第1期で利益が出ていれば、全額償却することもできます。

利益が出ていない場合は、利益があるときに経費にすることが出来ます。

開業費の表示方法

開業費は、貸借対照表では繰延資産の部に表示します。

開業費を経費にするときは、開業費償却とします。

営業外費用に表示します。

  

創立費や開業費は、1つ10万円以上のものは該当しませんよ

パソコンなど1つ10万円以上のものは、開業費には含まれません。

減価償却として経費化します。

青色申告の場合は、パソコンなどの購入金額が30万円未満の場合は、支払った時に経費化できます。

創立費や開業費をずっと経費にしなかったらどうなるの?

創立費や開業費は、任意償却です。

任意償却とは、会社に経費化を任せると書きましたが、ずっと経費化していなかったらどうなるのか?と疑問に思うかもしれません。

創立費や開業費は、何年以内に経費化する決まりがありません。

そのため、ずっと経費化せずに、利益が出たときに一気に経費化ということが出来ます。

創立費や開業費についての個人的な意見

個人的な意見ですが、創立費をずっと経費にしないのは、なんだか恥ずかしいです。

ずっと会社が赤字でしたって言ってるようですし。

会計上の償却(経費化)が5年なので、5年くらいで経費化するのが良いんじゃないかと思っています。

先延ばしすると、経費化するタイミングを失ってしまいます。

創立費と開業費で開業前にかかったお金を経費にしよう!のまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

  • 創立費や開業費は、繰延資産である
  • 創立費や開業費は、任意償却です
  • 利益のある時に経費化しよう
  • 1つ10万円以上の物は、該当しません

編集後記

今日、知り合いの忘年会でした。

とても刺激を受けて良かったです。

55日記

娘と寒い中公園に行って遊んできました。

滑り台がお気に入りのようです。

コメント