家賃支援給付金の創業特例の条件などをわかりやすく解説!

家賃支援給付金
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜です。東京都大田区で開業しています。

家賃支援給付金の創業特例とは?と悩んでいませんか?

この記事は、次のことが書いてあります。

  • 家賃支援給付金の創業特例とは?
  • 誰が対象なの?
  • 必要書類

この記事を読むと、家賃支援給付金の創業特例を申請することができますよ。

※この記事は、経済産業省の家賃支援給付金 申請要領(中小法人等向け) 別冊を参考にして書いています。

スポンサーリンク

家賃支援給付金の創業特例とは?

家賃支援給付金は、2020年5月~12月の売上と2019年の売上を比較して、申請できるかどうかが決まります。

下の図を確認してください。

例として2019年8月会社設立で、5月が売上が少なかったので、家賃支援給付金を申請しよう思ったとします。

原則の家賃支援給付金は、2020年5月と2019年の5月を比較するのですが、2019年8月に開始を設立したため、比較する売上がありません。

家賃支援給付金の創業特例は、2020年5月の売上と2019年の平均売上を比較して申請することが出来ます。

誰が対象なの?―家賃支援給付金の創業特例―

家賃支援給付金の創業特例の対象は、次の3つです。

  • 2020年の対象月に対応する2019年の対象月と同じ月以降に設立された法人であること
  • 2020年の対象月の売上が、2019年の平均売上よりも50%以上減少していること
  • 2020年の対象期間の売上が、2019年の平均売上よりも50%以上減少していること

※対象月とは、2020年のある月と2019年の平均売上を比較して、50%減少している月のことを言います。

※対象期間とは、2020年ある3か月と2019年の平均売上を比較して、30%以上減少している期間のとこを言います。

各項目について、以下で説明して行きます。

2020年の対象月以降に設立された法人であること

2020年の対象月以降に設立された法人であることとは、例えば2020年6月が2019年の平均売上よりも50%以上減少していたとします。

図のように、2019年6月以降に会社を設立した場合は、家賃支援給付金の創業特例の申請対象となります。

3か月を比較する場合も同様です。

例えば、2019年8月に法人を設立、2020年5月・6月・7月の3か月を売上減少した月とします。

この場合も、2020年5月以降に法人を設立しているので、家賃支援給付金の創業特例の対象となります。

※題名の家賃支援給付金の創業特例(2019年5月~12月に設立した一部の法人)の一部の法人とは、対象月よりも前に会社を作ってしまった会社は対象外となるので、一部の法人となっているんじゃないかと思います。

2020年の対象月の売上が、2019年の平均売上よりも50%以上減少していること

2020年5月~12月までのある月の売上が、2019年の平均売上よりも50%減少していると、家賃支援給付金の創業特例の申請をすることが出来ます。

下の図で確認していきます。

2019年の平均売上の50%は、(80万+70万+80万+90万+70万)÷5×50%=39万円

2020年の対象月の売上は、20万円

2019年39万>2020年20万 ∴申請可能

2020年の対象期間3か月の売上が、2019年の平均売上よりも30%以上減少していること

下の図で確認していきます

2019年の平均売上の70%は、(80万+70万+80万+90万+70万)÷5×70%=54.6万

2020年の対象期間の3か月の売上は、(40万+60万+50万)÷3=50万

2019年の売上の平均54.6万>2020年50万 ∴申請可能

必要書類―家賃支援給付金の創業特例―

家賃支援給付金の創業特例を受ける場合は、会社を設立した日がわかる履歴事項全部証明書(会社の謄本)が必要となります。

履歴事項全部証明書には、会社設立年月日が書いてあります。

家賃支援給付金 創業特例 履歴事項全部証明書

その日が、対象日以降かどうかを、必ず確認して下さい。

売上関係や賃貸借契約書関係の必要書類は、家賃支援給付金―中小法人等向けーをやさしく解説!で確認して下さい。

☆あわせて読みたい☆

登録から申請まで図解!会社の登記事項証明書(謄本)などをオンラインで取得しよう!

  

☆家賃支援給付金関係☆

家賃支援給付金の中小法人等の条件をやさしく解説!

家賃支援給付金の直前事業年度が完了していない場合等をくわしく解説!

家賃支援給付金の創業特例をわかりやすく解説!のまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

家賃支援給付金の創業特例の条件などをわかりやすく解説!のまとめ
  • 家賃支援給付金の創業特例とは、2020年の対象月(対象期間)と2019年の同じ月(対象期間)以降に会社を設立した場合が対象
  • 家賃支援給付金の創業特例は、2020年の対象月(対象期間)の売上が2019年の売上の平均と50%以上(30%以上)減少している場合が対象
  • 家賃支援給付金の創業特例は、会社の履歴事項全部証明書が必要

55日記(803)

お菓子クレクレが、半端ないです。大迫より半端ないかも?

66日記

66と私の2人の時は、なかなか寝てくれません。

ちょっとしたイジメなんじゃないかと思っています。

コメント