クラウド会計のリアルタイムはメリットでありデメリットである

クラウド会計
スポンサーリンク
この記事でわかること

クラウド会計のリアルタイム損益は、本人ができるかどうかで決まる

かしわざき
かしわざき

最近目標無いので、マラソン大会に出場しようか考えている税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

クラウド会計でリアルタイムで損益がわかるとありますが、メリットでありデメリットであると思います。

この記事では、クラウド会計のリアルタイムのメリットやデメリットについて、書いています。

この記事を読んで、クラウド会計のリアルタイムについて、確認してみてください。

スポンサーリンク

クラウド会計のリアルタイムはメリットでありデメリットである

クラウド会計のリアルタイムは、メリットでもありデメリットでもあると思います。

なぜなら、クラウド会計=全自動じゃないからです。

全自動洗濯機をイメージしてもらえばわかりますが、ポチッと押したら最後まで行くことはありません。

 

クラウド会計は、設定して半自動化になり、操作してリアルタイムになるのです。

全自動で損益はわかりませんし、リアルタイムにもなりません。

ということで、本題のクラウド会計のメリットは、

  • 自分でできればリアルタイム可能

となります。

そして、クラウド会計のデメリットは、

  • 自分でできなければリアルタイム不可能

となります。

このメリットとデメリットについて、確認していきます。

クラウド会計のメリット

クラウド会計のメリットは、リアルタイムの損益が確認できることです。

なぜなら、自分のところで処理することができるため、こまめにクラウド会計を使うことができれば、リアルタイムの損益が確認できます。

経理に精通している場合は、どんどん使って行って、リアルタイムの損益を確認するのが良いでしょう。

クラウド会計のデメリット

クラウド会計のデメリットは、リアルタイムの損益を確認するには、

  • 仕入れや外注費の経費計上
  • 現金での領収書の経費計上

が必要となります。

つまり、取引先から来た請求書を、クラウド会計に入力できるかどうかと、現金の領収書を経費計上できるのかということです。

他社からの仕入れや外注費などは、クラウド会計に自動で入って来ません。

請求書は、クラウド会計にある請求書作成で作っても、支払いが請求書ベースで経費計上しないで、支払いの時に経費計上する場合は、収入と経費のタイミンがズレます。

ズレるとリアルタイムの損益は、確認できません。

 

今調べてみたところ、受取る請求書を自動化してくれるところがありました。

invox受取請求書というところです。

気になる方は、確認してみてください。

 

領収書の経費計上も自動化できません。

現在だと、

  • Excelでインポートする
  • 写真で撮って入力する
  • STREAMEDを使う
  • 自分で入力する

ということになります。

どれも多少の作業は必要となります。

STREAMEDと言うのは、領収書をスキャナーで読み取って、仕訳にしてくれるサービスです。

スキャナーはこちらで読み取らなきゃいけません。

 

自分で入力するは、地獄です。

クラウド会計は、入力することを前提に作られていないからです。

早打ちなら弥生会計などの方が便利です。

 

リアルタイムで損益を確認するには、それなりに作業が必要です。

クラウド会計を使ってリアルタイムが必要かどうか?

クラウド会計を使って、リアルタイムが必要かどうかを考えて見なきゃいけません。

さらに、自動化や自分でできるを、疑って見る必要もあると思います。

自動化や自分でできるは、実際は、経理をわかっている人に対する言葉になっています。

100人いたら100人できる状態じゃないのです。

リアルタイムの損益を確認するには、それなりの作業が必要となります。

クラウド会計はメリットある

上では、メリット無いようなことを書いていきましたが、クラウド会計はメリットあります。

それは、

  • どこからでもアクセスできる
  • 自動仕訳ができる
  • 自分でできる

ということです。

どこからでもアクセスでき、自動仕訳や仕訳の推測ができるのは、とても便利です。

今までの会計ソフトは、入力しか出来ませんでした。

それを考えれば、良いと思います。

クラウド会計のリアルタイムはメリットでありデメリットであるのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • クラウド会計のリアルタイムは難しい
  • リアルタイムが必要かどうか考えよう
  • といっても、クラウド会計は便利

 

編集後記

クラウド会計について、書いてみました。

リアルタイムというのは、Twitterでちょっと見たので、クラウド会計に足してみました。

クラウド会計と言うよりは、リアルタイムが必要かどうかを考えてみましょう。

 

スパイファミリー楽しく見ていたのですが、終わっちゃたんですね。

終わったのが分からなかった終わり方でした。

 

55日記(1523)

久しぶりにリカちゃん人形で遊んでいました。

忘れてなかったのね。

 

66日記(750)

「ぺんぺん、カッチンして」と言ってきます。

私がカッチンしても、「カッチン、カッチン」と言っています。

言葉の意味が変わったのか?

※カッチンとは、ノック式のボールペンの芯を出すこと。

クラウド会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所