会社のお金は多いほうが良い

資金繰り
スポンサーリンク
この記事でわかること

会社のお金は多いほうがよい

かしわざき
かしわざき

ZOOMの打ち合わせでおっさんがいると思ったら、自分だった税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

会社のお金は、多いほうが良いです。

今回は、こんなことについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

会社のお金は多いほうが良い

会社のお金は、多いほうが良いと思っています。

なぜなら、会社のお金が少ないと倒産してしまうからです。

お金があれば、赤字でも会社を続けることができます。

お金が無くなってしまえば、終わりです。

いくら黒字が出ていても、会社はそこで終わりなんです。

 

会社にお金は多い方がよいのです。

お金の目安は?

会社にお金が多いほうがいいと言っても、どのくらいなの?と思うかもしれません。

お金の目安は、

  • 月収の3ヶ月分以上

です。

多ければ多いほど良いですが、とりあえずの目安として月収3か月分を目指しましょう。

 

月収の3ヶ月分とは、年間の売上平均の3ヶ月分です。

年間の売上が1,200万円の会社は、会社のお金がいつも300万円以上あるのが理想です。

これは、取引先から入金がなかった時に、ある程度時間が稼げる金額となります。

会社にまったくお金が残っていないと、取引先からの入金がないと支払いができなくなって、倒産してしまいます。

入金がなかったときの時間稼ぎが、年商の最低3か月分となります。

 

会社が倒産しないように、時間稼ぎのお金を用意しよう。

会社のお金を増やすために考えることは?

会社のお金を増やすためには、

  • どうやって売上を増やすか?
  • どうやって支出を減らすか?
  • どこに投資をするのか?

を考えて行くべきです。

この3つをまず考えましょう。

どうやって売上を増やすか?

最初に必ず考えなきゃいけないのが、売上を増やすことです。

なぜなら、売上=入金なので、入金がなければお金が増えて行かないからです。

最初にお金を増やすことを考えましょう。

 

よくあるのが、売上が少ない人が、どうやって支出を減らすか?を考えてしまうことです。

順番としては、売上⇒経費の順になります。

 

まず、売上を増やすことを考えましょう。

どうやって支出を減らすか?

売上が増えたところで考えたいのが、どうやって支出を減らすかです。

最初に確認したいのは、通帳です。

通帳に書いてある支払いの内容って、全部答えられますか?

 

私もお客さんのところで確認してもらうと、「なんだっけ?」とかよくあります。

まず、通帳の内容で「なんだっけ?」をなくしましょう。

そして、使っているサービスの使用量を確認しましょう。

サービスの使用量が少ない場合は、他のものに変えるか安いものを検討してみましょう。

 

支出を減らすのは、売上が増えてから考えましょう。

税金は、経費か?

税金は、経費となります。

税金を払いたくない気持ちはわかりますが、経費と思って諦めましょう。

税金を減らすために、無理やりなにかを買ってしまうのは、やめたいことです。

 

なぜなら、買った分税金は減らないからです。

税金は、利益の30%くらいです。

そのため、経費の30%くらいしか税金は減りません。

 

例えば、1万円のものを買うと3千円税金が減ります。

1万円で3千円が減るので、7千円が出ていきます。

なにも買わないと3千円が出ていきます。

税金を減らすほうが、お金が出ていくのです。

だから、税金を減らすために無理やりなにかをするのは、ムダになってしまうのです。

 

税金を減らすより払うほうが、お金の支払が減る。

どこに投資をするのか?

お金が増えてきたら、どこに投資をするのかを考えてみましょう。

投資と言っても、株や不動産のことではありません。

今よりもどうやってより良く稼ぐか?のための投資です。

より良くとは、

  • お金をかけずに
  • 少ない手数で
  • 安全に

ということになります。

私もどこに投資しようかは、考えています。

  • Freeeというクラウド会計が、有料になったのでやってみる?
  • 弥生会計使ったことないからやってみる?

などです。

良かった仕組みは残して、合わなかった仕組みは、やめれば良いのです。

ずっとやるからダメージがでますが、ちょっとだけやれば、ダメージは少ないです。

ダメだと思ったらやめれば良いのです。

 

お金が増えたら、投資を考えよう。

会社のお金を増やすために気を付けたいことは?

会社のお金を増やすために気を付けたいことは、

  • いつも通帳をみること

です。

あまり難しく考えなくて良いと思います。

通帳の残高が増えているかどうかを確認しましょう。

  • 前月より通帳の残高が増えているのか?
  • 前期より通帳の残高が増えているのか?

を確認しましょう。

 

財務分析などありますが、それより通帳の増減を確認するほうが良いです。

お金が増える=健全と考えられるからです。

会社のお金は多いほうが良いのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • どうやって売上を増やすか?
  • どうやって支出を減らすか?
  • どこに投資をするのか?

 

編集後記

会社のお金について、書いてみました。

キングイズマネーともいいますので、お金があればなんでもできます。

お金を増やすようにしましょう。

 

昨日は、奥さんと子供が義実家に行きましたが、なにもせずダラダラと過ごしました。

後悔先に立たずとは言いますが、ちょっとどころじゃなく、かなり後悔しています。

後悔しないように生きたい泣

 

55日記(1515)

義実家のお泊りも楽しかったようです。

帰ってくる時暑いのに、自転車で寝ていました。

 

66日記(742)

ぬいぐるみを寝かせるのが、ブームのようです。

シーツを敷いて、タオルを掛けています。

 

資金繰り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所