年末調整や確定申告に出てくる合計所得金額と総所得金額の違いってなに?

合計所得金額と総所得金額 年末調整
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

娘に「髪結んで」と言われ、できなくて泣かれたことがある税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

年末調整や確定申告などで合計所得金額と総所得金額ってなに?って思っていませんか。

この記事では、合計所得金額と総所得金額の違いを確認していきたいと思います。

この記事は、次の事が書いてあります。

この記事は、こんなことが書いてあります
  • 合計所得金額は、繰越控除前
  • 総所得金額(等)は、繰越控除後

この記事を読むと、合計所得金額と総所得金額(等)の違いがわかるようになりますよ。

スポンサーリンク

合計所得金額と総所得金額の全体図

合計所得金額と総所得金額は、次の様な流れで計算されていきます。

図を見ると、合計所得金額が先に来て、総所得金額が後にきてます。

合計所得金額と総所得金額

合計所得金額と総所得金額の大きい違いは、繰越控除の前か後かということです。

  • 合計所得金額は、繰越控除前
  • 総所得金額(等)は、繰越控除後

よく図を確認しましょう。

給料だけの人の合計所得金額と総所得金額は?

給料だけの人の場合の合計所得金額と総所得金額は、次の金額となります。

で囲った給与所得控除後の金額(調整控除後)が、合計所得金額と総所得金額となります。

国税庁のHPより一部加筆

他に不動産所得や事業所得がない場合は、赤で囲ったところが合計所得金額となります。

繰越控除がない場合は、そのまま総所得金額になるのです。

年末調整や確定申告で出てくる合計所得金額は、どこで使うの?

年末調整や確定申告に出てくる合計所得金額を使うのは、次のとおりです。

  • 同一生計配偶者⇒合計所得金額48万円以下
  • 扶養親族⇒合計所得金額48万円以下
  • 源泉控除対象配偶者⇒合計所得金額95万円以下
  • 配偶者控除⇒配偶者の合計所得金額が48万円以下
  • 配偶者特別控除⇒配偶者の合計所得金額48万円超133万円以下
  • 配偶者控除、配偶者特別控除の時の給料をもらう人⇒合計所得金額1,000万円以下
  • 勤労学生控除⇒合計所得金額75万円以下
  • ひとり親控除⇒合計所得金額500万円以下
  • 寡婦控除⇒合計所得金額500万円以下
  • 基礎控除⇒合計所得金額が2,500万円超になると基礎控除がなくなる
基礎控除
  • 住宅ローン控除⇒合計所得金額3,000万円以下の場合は、控除が受けられる

確定申告や年末調整で出てくる控除関係が多いです。

年末調整や確定申告に出てくる総所得金額は、どこで使うの?

年末調整や確定申告に出てくる総所得金額はを使うのは、次のとおりです。

  • 雑損控除(総所得金額等)⇒雑損控除の時の控除額を算出する時に使う
  • 医療費控除(総所得金額等)⇒医療費控除の控除額を算出する時に使う
  • 寄付金控除(総所得金額等)⇒寄付金控除の控除額を算出する時に使う

確定申告によく出てくる項目です。

年末調整や確定申告に出てくる合計所得金額と総所得金額の違いってなに?のまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

年末調整や確定申告に出てくる合計所得金額と総所得金額の違いってなに?のまとめ

図を見ていただくのが1番です。

合計所得金額と総所得金額

55日記(924)

朝からエルサの真似をして、困っています。

66日記(151)

夜中に起きて、寝ないときがあります。