繁忙期の反省をしてみる

仕事
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

一本満足バーが手に入ったので、満足するか楽しみな税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

税理士の業界には、繁忙期というものがあります。

多くは、確定申告時期を指しますが、年末調整のある12月~3月決算申告の5月までと考えることもあります。

来年の成功のために、繁忙期の反省をしてみたいと思います。

繁忙期の反省

私の繁忙期は、ダメダメでした。

なぜなら、なにもできなかったからです。

実際に、やろうと思っていたのは、

  • ブログ
  • You Tubeの配信
  • アフィリエイト

などです。

どれも継続できなかったのが、大きな反省なのです。

繁忙期の反省点としては、

  • 仕事の入れすぎ

です。

なんとなく予定を組んだら、身動きがとれないほどの予定になってしまいました。

 

お金になるのは良いのですが、ちょっと眠れなくなったりして、本当に困りました。

問題は、確定申告後も続く

問題は、確定申告後も続きました。

確定申告が終わって、放心状態になってしまったのです。

燃え尽き症候群みたいな感じですね。

会計事務所に勤務していたときもあったのですが、1週間くらいなにもしたくなくなるんですよね。

 

確定申告のあとは、1日打ち上げをするのですが、復活するのに1日以上かかってしまいました。

かなりムダにしてしまったのが、特に問題です。

どうすればよいのか?

どうすれば良いのか考えて見ると、

  • 仕事の量を考える

ということになると思います。

私の思う仕事の量を考えるとは、

  • やりたいことをやって、さらに稼げる状態にすること

です。

お金を稼ぐのは良いのですが、会計事務所に勤務している状態にはなりたくないのです。

どうやって、お客さんの満足度を上げて、収入を上げるかを考えなきゃいけません。

最近、本を読んで、ただ会計だけやっていては、ジリ貧なんだとわかりました。

 

どうにかして次につなげて行きたいです。

繁忙期の反省をしてみたのまとめ

独立するということは、選べることなので、仕事の選択をしていこうと思います。

 

編集後記

繁忙期の反省について、書いてみました。

自分のやりたいことを優先しながら、稼ぐ方法を考えて行きたいと思います。

 

55日記(1440)

めずらしくというか、久しぶりに夜泣きみたいのがありました。

10分くらいですが。

最初、誰が泣いているのかわからなかったのですが、長女でした。

 

66日記(667)

すべり台の上で怖がっていましたが、1人ですべることができるようになりました。

大きな進歩です。

仕事考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所