月次推移表の読み方を確認しよう!

会計
スポンサーリンク
この記事でわかること

月次推移表の読み方

かしわざき
かしわざき

8月1日~8月31日まで夏休みが欲しいと言ったら、奥さんに却下された税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

月次推移表というのを知っていますか?

試算表より見やすいのでオススメです。

私もお客さんに見てもらっています。

会計ソフトの会社によって表現が、

  • Freee⇒月次推移
  • マネーフォワードクラウド⇒推移表
  • 弥生会計⇒月次残高推移表

と違いますが、全部一緒です。

今回は、月次推移表としてお伝えしていきます。

今回は、月次推移表の読み方について、確認していこうと思います。

スポンサーリンク

月次推移表の読み方を確認しよう!

月次推移表の読み方ですが、

  • 月次推移表は比較して読む

ということです。

これが、1番のポイントとなります。

なぜなら、月次推移表は、毎月の数字が並んでいるからです。

月次推移表があれば、試算表を見る必要が無いのです。

 

私がやっている月次推移表の具体的な読み方は、

  • いつも出てくる金額を確認する
  • いつもより多い金額や少ない金額を確認する
  • 売上高との関連を確認する

などです。

各項目について、確認したいと思います。

いつも出てくる金額を確認する

月次推移表で確認するのは、いつも出てくる金額を確認します。

例えば、

  • 給料
  • 社会保険(法定福利費)
  • 家賃

などです。

家賃、給料や社会保険が毎月計上されているかどうかを、月次推移表で確認します。

月次推移表を確認した時に、空欄になっている場合は、問題があるところです。

空欄になる原因は、

  • 入力や支払いを忘れた
  • 勘定科目を間違えた
  • 翌月に払っていた

などです。

特に社会保険ですが、月末が土曜日や日曜日の場合は、翌月の月曜日に支払いがあります。

社会保険は経費の金額が大きいので、月末の日付で、

(借方)(貸方)
(法定福利費)〇〇○○
(預り金)〇〇〇〇
(未払金)〇〇〇〇

という仕訳を入力しましょう。

そして、支払いがあった時は、

(借方)(貸方)
(未払金)〇〇○○(普通預金)〇〇〇〇

となるようにしましょう。

 

月次推移表では、他の月にあってその月にないものを確認しましょう。

確認できたら、原因を突き止めて、修正しましょう。

いつもより多い金額や少ない金額を確認する

月次推移表で、いつもより多い金額や少ない金額を確認しましょう。

なぜなら、他の月と比較すると、わかることが多いのです。

例えば、

  • なぜこの月の売上は多いんだろう?
  • なぜこの月の売上は少ないんだろう?
  • なぜこの月の外注費は多いんだろう?
  • なぜ現金が増えているんだろう?
  • なぜ売掛金が増えているんだろう?

など、なぜ?を使って考えてみましょう。

 

売上が多い少ないは、季節性なのか?

現金が増えているのは、領収書の入力ミス?

売掛金が増えているのは、入金がなかったから?

とかです。

 

私は、税理士業なので、2月~5月までの売上が多いです。

なぜなら、確定申告や3月決算の収入があるからです。

月次推移表を見ると、6月から売上が減ってくるので、6月以降の売上をどうるかが課題となります。

比較すれば、見えることもあります。

まずは、比較をしてみましょう。

売上高との関連を確認する

最後に、月次推移表で売上との関連を確認しましょう。

なぜなら、売上と経費は関連していなければいけないからです。

売上との関連とは、

  • 売上と材料費、外注費や仕入の関係
  • 売上と広告費など経費との関係
  • 売上と経費の比率の関係

などの関係です。

各項目について、確認しましょう。

売上と材料費、外注費や仕入の関係

売上と材料費、外注費や仕入は、対応関係にあります。

材料費、外注費や仕入が増えれば、売上は増えて行くはずです。

売上と仕入がズレていないか、月次推移表が正しいものになっているのかを確認します。

※作るのに時間がかかるものなどは、売上と仕入が対応しない場合があります。

売上と広告費など経費との関係

売上と広告費などの経費との関係を確認しましょう。

売上に対して、経費がどのくらいかかっているのかを確認して、多いのか少ないのかの判断をします。

例えば、広告費が多い月以降の売上の変動を確認します。

広告費を使ったのに売上になっていない場合は、広告費増やすのか?広告をやめるのか?を考えます。

売上と経費の比率の関係

売上と経費の比率の関係を確認します。

1番確認したいのは、

  • 粗利益率

です。

粗利益率は、売上総利益÷売上で求めることができます。

確認することは、

  • 粗利益率が、他の月と同じなのか違うのか?

です。

そして、なぜ違うのかを確認しましょう。

例えば、

  • 材料費を先に仕入れたから
  • 材料費の値段が上がったから
  • 売上になるのが遅かったから

などが考えられます。

 

数字の確認も良いですが、売上との比率で確認すると、違いがわかることがあります。

違いが確認できたら、理由も考えてみましょう。

それが、分析になります。

 

分析というと、〇〇比率とかありますが、難しいのでオススメしません。

小さい会社の場合は、比較することが大切だと思います。

比較が終わったら、比率(粗利益率)を確認しましょう。

月次推移表と試算表はどっちが良い?

月次推移表と試算表は、どっちが良いかというと、

  • 月次推移表

です。

※個人的な意見です。

なぜなら、月次推移表は、比較することができるからです。

試算表は、その月だけのが多いので、比較することができません。

この点が、月次推移表をオススメする理由です。

月次推移表がないんだけど・・・

月次推移表がないんだけど・・・と思っている社長は、会計事務所に頼んで見ましょう

ほとんどの会計ソフトで出てきます。

ちなみに、JDLというソフトも使っていますが、月次損益計算書という名前であります。

JDLは、メジャーな税務ソフトなので、使っている人も多いです。

月次推移表の読み方を確認しよう!のまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • 月次推移表で、いつも出てくる金額を確認する
  • 月次推移表で、いつもより多い金額や少ない金額を確認する
  • 月次推移表で、売上高との関連を確認する

 

編集後記

月次推移表について書いてみました。

便利なので、使って見てください。

いろいろな発見があるはずです。

 

昨日は、長女がいたので何もできずという感じでした。

今日頑張ります。

 

55日記(1546)

昨日の朝には、熱も下がりすっかり良くなっていました。

洗濯を2回したのですが、2回目の洗濯はお手伝いをしてくれました。

みんなの服を畳んで、しまってくれました。

 

66日記(773)

焼いてカリカリになったフランスパンが、好きです。

硬いですけど、一生懸命に食べています。

 

会計決算書・試算表
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所