税理士試験をこじらせないで!手段を選ばず早く終わりにしよう

自分の考えなど
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜忠弘です。東京都大田区で開業しています。

税理士試験は、手段を選ばず早く終わらせた方が良いと思っています。

その理由を3つ書いて行きたいと思います。

18年くらい受験していたので、参考になればと思い書いてみました。

スポンサーリンク

税理士試験にこだわる必要がない

税理士試験を受験して税理士になった自分ですが、税理士試験にこだわる必要はない、と思っています。

なぜなら、税理士試験に合格して税理士になったかどうかを、お客さんに聞かれたことがないからです。

私は、最後に所属していた税理士法人で、お客さんに税理士試験に合格したことを言ってませんでした。

試験に受かったと言ったところで、なにが変わるわけでもないからです。

(税理士になったからといって、いきなり戦闘力が上がることはありません。)

   

お客さんは、自分の会社や帳簿をちゃんと見てくれば、ちゃんと評価してくれます。

さらに、担当が税理士だったら喜んでくれるでしょう。

   

同業者はどう見ているのか?

税理士同士はどう見ているのかというと、やっぱり関係ないと思います。

なぜなら、試験で合格したかどうかなんて聞かないからです。

実際に、先輩税理士に言われたことですが、「学歴・試験か大学院か・どの科目で合格したかは、聞かない方が良いよ」と言われました。

最初は、神田支部で登録しましたが、どうやって税理士になったのかを、聞かれたことはありません。

税理士が主催するセミナーに参加して、懇親会などに参加してもそんな話は1度も出ませんでしたし、大森支部へ移動した時もそんな話はありません。

セミナーに参加して思うのは、同業者すげぇとか、俺より10歳も若くして独立なんてすげぇと思うくらいです。

俺も10歳若かったらなんて思うときもありますが、人より多くの経験を積んだと思えば、仕方がないなという感じです。

正直、そこを気にする人とは付き合わなければ良いのであって、そういう選択も必要なんじゃないかと思います。

受験科目、試験や大学院かを気にせずに、早く税理士になろう!

税理士になれば、選択肢は必ず広がる

私は、選択肢を常に2つ以上持ちたいタイプでした。

なぜなら、選択肢が2つ以上あれば余裕がでますから。

税理士試験を受験していた時に、簿記論・財務諸表論・法人税の3科目受かった時は、選択肢が広がったと思いました。

なぜなら、転職できるからです。

    

税理士なれば、選択肢は広がります。

選択肢は、次の3つでしょうか。

  • そのまま勤務
  • 独立
  • 転職

どれを選択しても良いと思います。

でも、税理士にならなかったら、独立という選択肢は得られませんのでご注意ください

家族を持てる・家族を幸せにできる

私は、ちんたら税理士試験を受験していたので、結婚なんてしないと思っていました。

「いつか合格したら独立する」と同じように、いつか合格したら結婚するとか恋愛するとかでは、時間が無くなってしまいます

時間は、有限です。

彼女ができれば、彼女と遊びに行きたいですし、子どもが生まれれば、子どもと遊びたくなります。

税理士試験が長引けば長引くほど、楽しい生活が出来なくなります

若いうちに早めに税理士になっちゃいましょう。

税理士試験をこじらせないで!手段を選ばず早く終わりにしようのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

  • どんな手段を使っても、はやく税理士になりましょう!

  

編集後記

時事的な?話題なので書いてみました。

まとまりのない文章ですみません。

55日記

最近の娘は、どんぐりがお気に入りのようです。

近くの公園に行ったときに「こ、こ」と、どんぐりを指さして笑っています。

コメント