青色申告特別控除とは?65万円で確定申告を節税しよう!

所得税
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

奥さんと娘たちにベッドから追い出されて、冷たい床で寝ることになった税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

確定申告で青色申告特別控除65万円を受けようと思っているけど、どうしたら良いか分からないと思っていませんか。

この記事では、次のことが書いてあります。

この記事には、こんなことが書いてあります
  • 確定申告で青色申告特別控除65万円を受けるには、電子申告をするのが近道
国税庁のHPより

この記事を読むと、確定申告で青色申告特別控除65万円について理解が深まりますよ。

この記事は、国税庁のHPの「令和2年分の所得税確定申告から65万円の青色申告特別控除の適用要件が変わります」を参考にして作成しています。

青色申告特別控除65万円はどうしたら受けられるのか?

青色申告特別控除65万円が受けられるのは、次の通りです。

  • 確定申告書を電子申告をする
  • 仕訳帳及び総勘定元帳を電子帳簿保存をする

各項目について、説明していきます。

確定申告書及び所得税青色申告決算書を電子申告する

確定申告書及び所得税青色申告決算書を電子申告すれば、青色申告特別控除65万円が受けられます。

国税庁のHPを使って電子申告することもできますし、クラウド会計ソフトなどでも申告することができます。

e-Tax(電子申告)をする場合と電子帳簿保存をする場合では、圧倒的に電子申告をするほうが簡単です。

仕訳帳及び総勘定元帳を電子帳簿保存をする

確定申告書を電子申告する以外に、仕訳帳及び総勘定元帳を電子帳簿保存すると、青色申告特別控除65万円を受けることができます。

電子帳簿保存の流れは、次のとおりです。

  • 電子帳簿保存法に対応した会計ソフトを購入
  • 電子帳簿保存法の承認申請書を税務署に提出
  • 仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存

各項目について、説明していきます。

電子帳簿保存法に対応した会計ソフトを購入

電子帳簿保存法に対応した対応した会計ソフトを、購入しなければいけません。

この記事を書いている現在は、クラウド会計などは、対応していないようです。

クラウド会計ソフトは、領収書などの電子保存に対応しているようですが、仕訳帳及び総勘定元帳の電子保存は対応していないようです。

クラウド会計ソフトFreeeについて確認する方は、freeeのHPの電子帳簿保存から確認してください。

クラウド会計ソフトマネーフォワードについて確認する方は、マネーフォワードのHPの電子帳簿保存法のご利用手順を確認してください。

弥生会計は、電子帳簿保存に対応しているものもありますので、弥生会計のHPの2020年分以降も青色申告特別控除65万円を受けるには?を確認してください。

電子帳簿保存法の承認申請書を税務署に提出

電子帳簿保存法の承認申請書を、税務署に提出しなければいけません。

正式名称は、国税関係帳簿の電磁的記録による保存等の承認申請書です。

2020年に申請する場合は、2020年9月30日までに提出しなければ、承認が受けられません

仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存

電子帳簿保存法の承認申請書を提出し承認を受けたら、2020年12月31日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存をすることで、青色申告特別控除65万円が受けられます。

この記事を書いている時点では、2020年分の申請期限は過ぎています。

今から青色申告特別控除を受ける場合は、電子申告しか方法はありません。

電子帳簿保存は、面倒なのでe-Tax(電子申告)で青色申告特別控除65万円を受けましょう。

青色申告特別控除が3種類になりました

2018年の税制改正により、青色申告特別控除が3種類となりました。

  • 青色申告特別控除10万円
  • 青色申告特別控除55万円
  • 青色申告特別控除65万円

各項目について、説明していきます。

青色申告特別控除10万円

青色申告特別控除10万円の要件は、ざっくりと次の通りです。

  • 青色申告承認申請書を税務署に提出している
  • 事業を行っている人又は不動産の収入がある人
  • 記帳をしている

青色申告特別控除10万円は、ほぼ青色申告承認申請書を提出すれば受けられます。

青色申告特別控除55万円

青色申告特別控除55万円の要件は、ざっくりと次の通りです。

  • 青色申告承認申請書を提出している
  • 事業を行っている人又は不動産の収入が事業的規模の人
  • 複式簿記で記帳している人
  • 所得税青色申告決算書の貸借対照表を記入している人
  • 確定申告書の提出期限までに提出している

青色申告特別控除55万円は、10万円控除よりも厳しい要件ですが控除が多いです。

青色申告特別控除65万円

青色申告特別控除65万円の要件は、次の通りです。

  • 青色申告承認申請書を提出している
  • 事業を行っている人又は不動産の収入が事業的規模の人
  • 複式簿記で記帳している人
  • 所得税青色申告決算書の貸借対照表を記入している人
  • 確定申告書の提出期限までに提出している
  • e-Tax(電子申告)をしている人又は電子帳簿保存をしている人

青色申告特別控除65万円と青色申告特別控除55万円は、電子申告をしている人又は電子帳簿保存をしている人の違いです。

2019年以前に青色申告特別控除65万円を受けていた人は、電子申告すれば65万円となり電子申告しなければ55万円控除となります

☆☆☆関連記事☆☆☆

2020年分以降の確定申告は、e-TaxのID・パスワード方式で行おう!

青色申告特別控除とは?65万円で確定申告を節税しよう!のまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

青色申告特別控除とは?65万円で確定申告を節税しよう!のまとめ
  • 確定申告で青色申告特別控除65万円を受けるには、電子申告をするのが近道
国税庁のHPより

55日記(956)

クリスマスプレゼントを楽しみにしています。

66日記(183)

最近は、抱っこひもを使って眠れるようになりました。

所得税確定申告
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所