経費や帳簿は他人を意識しよう

会計
スポンサーリンク

確定申告の時期になってきました。

ちょっと、早いですかね?

今回は、経費や帳簿は他人を意識しようという題で書いていこうと思います。

経費や帳簿ってどうしたらいいのかな?と思っている方もいると思います。

  • 経費は他人からみてOK?
  • 帳簿は他人に見てもらってOK?

というのを意識して、書いてみると良い帳簿ができあがると思います。

スポンサーリンク

経費や帳簿は他人を意識しようー経費は他人から見てOK?―

自分で申告をしていると、どれが経費でどれが経費じゃないのか?を考えてしまうこともあるかと思います。

そこで、判断基準としてあるのが、他人から見てどうなのか?です。

 

「他人から見てOKなら、OKですよね」という考え方です。

大前提としては、事業に関係するものが経費となりますが、「これはどうなんだろう?」というものもあるかと思います。

そんなときの判断基準が、他人から見てどうなのか?です。

 

例えば、食事をしたレシートがあるとします。

これを、経費にするかどうかなのですが、事業に関連するものであれば経費になります。

たまに、これはどうなの?というのもあるかと思います。

 

そのレシートを他人に見せて、説明して納得してもらえるかどうかを考えてみましょう。

その理由で納得できるのであれば、経費にしても問題ないかと思います。

 

別の考え方としては、自分のところに社員が持ってきた領収書を認めるかどうかというものがあります。

社員が個人的な感じのレシートを持ってきたのだけれど、認めるか?認めないのか?というのがあると思います。

 

それで、自分が認められるようなものであれば、経費にしても問題ないかと思います。

社員が持ってきて、「これ個人的なヤツじゃん」とおもったら、経費からは除外するべきです。

 

税務調査が来たときも、経費の説明は必要となります。

同じことだと思って、考えてみましょう。

 

経費にするかしないかは、事業に関連するものが大前提です。

他人が見てOKかどうかは、1つの考え方です絶対では、ありません。

経費や帳簿は他人を意識しようー帳簿は他人に見てもらってOK?―

帳簿に何を書いたら良いのかわからないと、質問されることがあります。

これも他人を意識してもらえば、解決できます。

なぜなら、他の人が見てわかる書類を作れば良いのです。

 

帳簿作成で悩むのが、

  • 勘定科目
  • 摘要(てきよう)

だと思います。

勘定科目について

勘定科目については、どんな科目を使っても良いかと思います。

なぜなら、事業に関するものが経費だからです。

事業に関するものならば、勘定科目がなんであっても、経費なら良いかと思っています。

でも、他人に見てもらったら、なんだこれ?となりますし、自分が後で見返した時、よくわからなということが出てきます。

そのため、自分が説明できるように勘定科目をつけるのが良いでしょう。

 

例えば、経費を全部雑費にしたとしましょう。

事業に関するものが経費なので、全部雑費にしても問題はありません。

 

でも、去年の今頃の材料費どうだったかな?とかを確認するときに、全部雑費だと確認が面倒です。

全部雑費にするよりも、ある程度分けた方がわかりやすいのです。

 

銀行に借入に行くのに、作った決算書が、売上と雑費しかなかったら、お金は貸してもらえるのでしょうか。

貸してもらえないと思います。

 

あなたのところに、経費が雑費しか無い決算書を持ってきて、お金貸してくださいと来たら貸しますか?

たぶん、貸さないと思います。

 

他人を意識すれば、帳簿の作成はきちんとできますので、他人を意識してみましょう。

そして、振り返ることができるように、勘定科目はなるべく同じものを使いましょう。

摘要(てきよう)

摘要についてですが、仕訳の説明書きとなります。

そのため、他人が見て内容が理解できれば良いと思っています。

 

なぜなら、税務調査などが来たときに、思い出したり説明したりするのは、とても面倒です。

そのため、摘要に先に書くのが良いかと思います。

 

基本的に書くことは、

  • いつ(日付)
  • どこで(購入先)
  • だれと(接待の場合など)
  • なにをした(内容)

です。

 

これが書いてあれば、問題ありません。

駐車料やガソリン代などは、ほとんど決まっているので、説明は必要ありません。

 

説明が必要なのは、飲食代関係じゃんないでしょうか。

昔あったのですが、この内容なんですか?と聞いたところ、「取引先とのバーベキューで持って行った食材です。」というのがありました。

 

摘要にスーパーの名前だけでは、判断できません。

だれとなにをしたを必ず書きましょう。

 

摘要は、他の人から見て、レシートの内容がわかるようにしましょう。 

経費や帳簿は他人を意識しようのまとめ

経費や帳簿は他人を意識して書いてみましょう。

  • 経費は他人からみてOK?
  • 帳簿は他人に見てもらってOK?

 

編集後記(1376)

本当は、3つ出したかったのですが、3つめが出ませんでした。

準備不足です。

 

55日記(1706)

最初だけ、一緒にベッドで寝ました。

3分くらいで、すぐに眠っていたので、眠かったもたいです。

 

66日記(933)

夕方、近くの公園に散歩に行きました。

10分くらいでしたけど、満足したみたいです。

会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所