事業に必要なものは経費になる

会計
スポンサーリンク

事業に必要なものは、経費になります。

判断基準としては、

  • 他人がそのレシートを持ってきたときに、経費として認めるかどうか?

というものはどうでしょうか?

 

これなら、経費になるのか?ならないのか?も、簡単に決めることができるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

事業に必要なものは経費になる

事業に必要なものは経費になります。

お客様から「パソコンを購入したいのですがいいですか?」と聞かれました。

答えは、

  • 事業に使う⇒経費になる
  • 個人的に使う⇒経費にならない

となります。

 

これは、法人でも個人事業主でも同じです。

事業に使うかどうかが大前提です。

 

事業に使えば経費ですし、事業に使わなければ、個人的なものとなります。

事業かどうかの判断基準は?

事業かどうかの判断基準は、事業に使うかどうか?という基準になってしまいます。

なんかあいまいなので、簡単な判断基準を考えてみました。

それは、他人がそのレシートを持ってきたときに、経費として認めるかどうか?というものです。

自分なら経費になると思っても、他人が「これ経費です」と持って来たときに、すぐに「OK!」と言えるかどうかです。

 

もし、すぐに「OK!」と言えないのであれば、経費にならないかもしれません。

 

自分が経費になると思えば、経費になってしまいます。

それは、帳簿に書いてしまえば良いからです。

 

そこで基準となるのが、他人を使うのです。

自分じゃない人が持ってきた領収書を、経費として認められるのか?というのを基準にしてはいかがでしょうか。

 

例えば、誰かと食事をしたとします。

その領収書を経費にするかどうかなのですが、

  • 友達⇒経費にしない
  • 仕事関係⇒経費にする

と考えられます。

 

そうすると友達だけど仕事関係というのも、出てくるかもしれません。

この場合に、他人がこの領収書を持ってきたらどうする?を考えるのです。

 

他人というのは、

  • もう1人の自分
  • 従業員
  • 共同経営者

などがいると仮定して考えます。

 

その時に、経費になる?と考えてみましょう。

そこで、ちょっとでもダメじゃないか?と思ってしまったら経費にするのはやめましょう。

 

経費にするかどうかは、他人がもってきたレシートならどうする?と考えてみましょう。

パソコンは中身を調べられるかも?

上でパソコンのことにちょっと触れたので、パソコンの中身について書いていこうと思います。(かなり強引ですが)

経費には関係ありませんが、最近は仕事でパソコンを使うことが多いです。

というか、ほぼパソコンをつかっています。

 

そのため、税務調査などで、パソコンをみられることもあります。

以前あったのは、隠しファイルがあるかどうかを確認されました。

 

パソコンの中身は、いつもきれいにしておきましょう。

仕事用のパソコンでは、なるべく個人的なものを保存しないほうが良いです。

 

パソコン自体が、仕事用じゃないと思われてしまうからですし、その他で色々と疑われてしまうからです。

税務調査の前にやろうとすると面倒なので、常にきれいにすることを意識しましょう。

 

ちなみに、スクリーンセーバーなんかで子供の写真の場合などは、ありだと思っています。

これは、個人的というよりも、モチベーションを上げるためと考えればいいかと思います。

 

仕事用のパソコンを買うときは、パソコンの中をきれいにしましょう。

まとめ

事業に関係するものが、経費になります。

経費になるかどうかの判断は、他人がそのレシートを持ってきて、認められるかどうかで判断してみましょう。

パソコンの中身も税務調査の対象となることもあります。

 

編集後記(1359)

義両親が来て、忘年会みたいなものを行いました。

なかなか楽しかったです。

 

55日記(1689)

保育園の年末子供会では、大きな声を出して元気よく行うことができました。

 

66日記(916)

柿の種を食べたら辛かったのか、ジュースをごくごくと飲んでいました。

 

会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所