個人事業主は事業専用の通帳を作ろう

所得税
スポンサーリンク

事業を始めよう!と思って最初の方に作るのが通帳だと思います。

今回は、通帳の話です。

個人事業主は、事業専用の通帳を作りましょう、という話になります。

事業専用通帳を作れば、お金の流れがわかりやすく、帳簿の作成も少なくなります。

スポンサーリンク

個人事業主の事業専用の通帳のメリット

個人事業主の事業専用の通帳のメリットは、

  • お金の流れがわかりやすい
  • 記帳が少なくて済む

などです。

各項目について、書いていこうと思います。

お金の流れがわかりやすい

個人事業主の事業専用の通帳を作るメリットは、お金の流れがわかりやすくなることです。

簡単に言うと、ゴチャゴチャしていなくて、見やすいのです。

なぜなら、

  • 入金=売上又は雑収入
  • 支出=経費又は生活費

という流れになるからです。

1つの通帳に事業のこと生活のことが入っていると、通帳の記帳の量が多くてゴチャゴチャします。

見るだけでも、面倒になりますので、分けたほうが良いです。

記帳が少なくて済む

個人事業主の事業専用の通帳を作るメリットの2つ目は、記帳が少なくなるということです。

事業だけの場合は、

  • 入金=売上又は雑収入
  • 支出=経費又は生活費

となりますので、経理が簡単になります。

クラウド会計を使っているから問題ないと思う方もいるかもしれませんが、後で全部チェックしなきゃ行けないのです。

クラウド会計を私も使っていますが、全部チェックしています。

 

生活費関係が入ってしまうと、チェックに時間がかかったり、見落とすことがあります。

通帳の量がすくないということは、処理の量とチェックの量が少なくなります。

 

通帳を事業と生活費で分ける方が、記帳が簡単になり、やりやすくなるのでオススメです。

個人事業主の事業専用の通帳のデメリット

個人事業主の事業専用の通帳のデメリットは、通帳が2冊以上になることです。

2冊以上管理ができない!という方は、1冊の通帳で頑張るしかないです。

 

私の意見としては、そんな人はいないでしょうし、相談されたら「1冊はやめとけ」と言いたいです。

個人事業主の事業専用の通帳―屋号つきー

個人事業主の事業専用の通帳で屋号がついている場合がありますが、デメリットがあります。

それは・・・

  • 振替納税ができないかもしれない
  • 還付が受けられないかもしれない

ということです。

国税庁のパンフレットの1部ですが、

となっています。

原則として・・・とありますので、絶対ではないようです。

でも、納税できない場合は問題ですから、どうしても屋号付きの口座で振替納税をする場合は、事前に相談することをオススメします。

 

確定申告書の手引の還付口座についても、同じようなことが書いてあります。

絶対できないわけでないようです。

 

屋号が入った方が、取引先に安心感がでるという考え方もありますので、このへんはなんとも言えません。

税金の支払いに関しては、振替納税が楽なので、屋号つけない方が良いですよとなります。

 

個人事業主は事業専用の通帳の使い方

通帳の使い方と大きく書いていますが、そんなスゴイことではないです。

生活費は、月に1度だけ通帳から降ろせ!

です。

なぜなら、こうすれば、生活費が月どのくらい必要なのかがわかります。

そして、年間の生活費がわかるのです。

そうすると、どのくらいの利益=生活費が必要なのかがわかって来ます。

 

ほとんどの方は、こまめに通帳からお金を下ろします。

事業でつかう現金と生活費を一緒に下ろすというパターンが多いようです。

でも、現金は残高を合わせなきゃいけないですし、生活費もまちまちだと、お金の流れがわからなくなってしまいます。

 

お金の流れをわかるようにするには、生活費を決めてその金額を通帳から下ろすことをオススメします。

個人事業主は事業専用の通帳を作ったとき

事業専用の通帳を作った時は、家まで来ました。

マネーロンダリング防止のためだそうです。

他の金融機関だとどうだったかわかりませんが、そんなこともあるので、家はきれいにしておきましょう。

 

ちなみに、口座を作りに行った時は、開業届と税理士証票(身分証明書みたいなもの)を持って行きました。

でも、マネーロンダリングの関係で家に行かなきゃいけないということで、後日信用金庫の人が2人で家に来ました。

当時、税理士でも信用してもらえないのか・・・と思ったことを覚えています。

 

そんなイレギュラーなことも起こりますが、作ってしまえばこっちのものですので、最初は我慢しましょう。

個人事業主は事業専用の通帳を作ろうのまとめ

通帳について書いてみました。

通帳は、事業専用を作った方が良いです。

お金の流れや記帳が楽になるはずですよ。

 

編集後記(1258)

最近は、自分が税理士じゃなくて、事業主だと思うことにしています。

税理士の枠で考えても意味ないかもしれないと思ったからです。

なにが変わるのか?というと、まだなにも変わらないのですが、これから変わって行くはずです。

 

55日記(1588)

ウォリーを探せをやっています。

結構さがしています。

俺?目がついていけません・・・

 

66日記(815)

鼻フガフガいっていて、ちょっと苦しそう。

熱が出なきゃいいんだけど・・・。

 

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所