子供達にとっての田舎の良さ

子供のこと
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

40℃の群馬に来なくて良かったと思っている税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

今日は、私の実家の群馬県に行きました。

子供達にとっての田舎の良さについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

子供達にとっての田舎の良さ

私が思う子供達にとっての田舎の良さは、

  • とりあえず行くところがある
  • 動物や植物にふれあえる
  • おばあちゃんが教えてくれる

などです。

とりあえず行くところがある

最初は、とりあえず行くところがあるですが、「田舎があるっていいな」と言われます。

今の家からは、早いと電車で2時間なのですし、群馬から東京に毎日通勤している人もいるので、田舎といってもいいのかどうか、微妙です。

そんな微妙な田舎ですが、子供達にとっては、行くとこがあって良かったねという話です。

 

私は、両親の実家が隣町でした。

そのため、お盆や正月に以外にも、何度も行っていました。

あまりに近すぎるため、遠くの田舎っていいなぁ・・・と思ったことがあります。

 

子供のころにお盆休みなどで、テレビを見ると小学生くらいの子供がインタビューで「おじいちゃん家に行ってきた。」とか言っているシーンをみるからです。

私の両親の実家は隣町なので、高速道路での渋滞もなく、テレビの小学生とは全く違うよなぁと思っていたのを、思い出します。

 

お盆や正月しか行けないほど遠くないし、見る景色も変わってちょっと観光した気分になります。

2時間くらいなので、子供達にとっては、いい田舎なんだと思います。

動物や植物にふれあえる

私の実家の近くの公園には、無料でポニーにエサを上げることができます。

クジャクも見ることができます。

私が子供の頃に同じ公園で遊んだことがありますが、動物なんていなかったはずなんですけどね。

無料でポニーに餌やりなんて、東京ではなかなかできないです。

 

昨日は、家の近くの田んぼを見に行きました。

長女に「これが、大きくなるとお米になるんだよ」と言ったら、不思議そうにしていました。

食べ物などは、スーパーに売っているものしか見れませんし、貴重な体験だと思います。

 

もうすこし大きくなったら、私のおじさんが農家をやっているので、ハウスで作っている“きゅうり”を見せようと思います。

おばあちゃんが教えてくれる

昨日は、おばあちゃん(私の母)と、ビスケットのマリーと生クリームを使った簡単なケーキを作っていました。

私も子供の頃に食べていたものです。

生クリームのホイップは、みんなでやりました。

 

なぜか長女は私の実家に来ると、お手伝いをしようとします。

昨日は、じゃがいもを洗っていました。

色々教わっているようです。

 

おばあちゃんは、子供たちに色々教えてくれます。

子供達にとっての田舎の良さのまとめ

東京には東京の良さが、群馬には群馬の良さがあります。

いつも思うのは、仕事と買い物は東京で、生活するなら静かなところです。

そんなところがありますかね?

 

編集後記

私の実家の群馬にいきました。

先週行くはずだったのですが、長女が胃腸炎でいけませんでした。

でも、先週は40℃になっていたので、行けなくて良かったと思います。

 

久しぶりにマリーと生クリームのケーキを食べました。

子供の頃の味が思い出される・・・と言いたいところでしたが、早く出来上がるように、作り方を変えていました。

まぁ、時間のある時に、また作ってもらえばいいか。

 

55日記(1528)

家の中で追いかけっこして、水遊びして、花火して楽しかったようです。

 

66日記(755)

2回目の花火でしたが、怖かったようで、奥さんの後ろに隠れていました。

 

子供のこと考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所