お客さんと税理士は共同作業だと思っています

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

お客さんと税理士は、共同作業だと思っています。

今回は、そんなことを書いて行こうと思います。

スポンサーリンク

お客さんと税理士は共同作業だと思っています

お客さんと税理士は、共同作業だと思っています。

なぜなら、どちらがやらなくても、決算書などは作れないからです。

税理士とお客さんのつながりは、

  • 税理士に資料を送る
  • 税理士が決算書を作る

と分かれて仕事をしていると思っている方もいるかも知れません。

仕事の流れは分かれていますが、いい決算書を作るには、同じ方向を向いていると思います。

 

もちろん、

  • お客さんはお金を払ってくれる
  • 税理士はお金をもらう

という、立場の違いもあります。

でも、同じ目標に向かっている仲間だと思ってもらえると嬉しいのです。

 

昔、会計事務所で働いているときに、建設業のお客さんから言われたことがあります。

「俺たちは、時代に残る仕事をしているんだ。お前達なんか資料もらって、処理しているだけじゃないか」

確かに、建築の仕事は、残って行きますし、作品として人に見られる仕事です。

その時は、反論しませんでしたが、会計事務所の仕事は創造力が必要だと思っていました。

それは、

  • どんな決算書にしよう
  • 別の表示にはできないかな

などを考えなら作っているからです。

当時は、建設業だけが作る仕事じゃないのになぁと思っていました。

 

お客さんと税理士は、共同作業をしていると思ってもらえると嬉しいのです。

 

私が、お客さんという理由

このブログでお客さんという言葉が出てきます。

顧問先でもクライアントでもない理由は、その定義がよくわからないからです。

だから、お客さんと書いていますし、お客さんだと思っています。

仕事の場面でも、「私のお客さんで・・・」という使い方をします。

 

ちなみに、私はお客さんから「先生」とは呼ばれません。

そんな雰囲気がないのでしょうか?

いいことですね。

偉くないですからね。

お客さんと税理士は共同作業だと思っていますのまとめ

お客さんと税理士は、共同作業をしています。

 

編集後記(7592)

お客さんと税理士は、共同作業しているということを書いてみました。

ちょっと、うまく言葉がでてこなかったのですが、雰囲気を感じて貰えれば嬉しいです。 

 

夜散歩に行ったのですが、娘たちとの汗の量の違いにがっかりしました。

うらやましいです。

55日記(1564)

昨日は、夜散歩に行きました。

「また行きたい」ととても喜んでいました。

 

66日記(791)

夜の散歩に行ったあとにアイスを食べたのですが、とてもおいしそうに食べていました。

 

 

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所