段取りについて考えていることを書いてみる

時間管理
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

「先生のおとりよせ」にハマっている税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

段取り8分、仕事2分とは、昔の人はうまいこというなぁと思います。

段取りについて書いていこうと思います。

段取りとは想像力

段取りとは、想像力だと思っています。

なぜなら、こんなことが起こるかな?と先を読む力が必要だからです。

スタートからゴールまでに、どんなことが起こるか想像して行くからです。

どんなことが起こるかな?と想像することが大切です。

段取りするには、全体像を把握

段取りするには、全体像を把握しなきゃいけません。

スタート⇒ゴールをまず確認します。

そして、

  • 個々に起きること
  • 個々に起きそうなこと

を考えて行きます。

じっくり考える時間が必要となります。

頭の中でなんでもやってしまうと、ミス・モレ・ダブリが出てきてしまいます。

紙に書いて行うことが重要です。

 

全体像を把握⇒やることを確認(想像)することが、大事だと思います。

段取りできない人はいない

段取り出来ない人はいないと思っています。

なぜなら、どこかに行くのも段取りが必要だからです。

例えば、子供と1日過ごすとします。

  • どこに遊びに行こうか?
  • なんじにご飯を食べようか?
  • どこでご飯を食べようか?
  • お昼寝はなんじにするのか?

と考えて行くのが段取りだと思っています。

案外常日頃からやっていませんか?

自分がやっている段取りは、マイナスのことを考える

自分がやっている段取りは、マイナスのことを考えることです。

マイナスのことを考えて、モレをなくしていくのです。

例えば、子供と遊びに行くときに、

  • どこに遊びに行こうか?
  • なんじにご飯を食べようか?
  • どこでご飯を食べようか?
  • お昼寝はなんじにするのか?

と、まず考えます。

さらに、

どこに遊びに行こうか?

機嫌が悪かったらどうする?

途中で嫌がったらどうする?

暑かったらどうする?

なんじにご飯を食べようか?

時間に帰ってこられなかったら?

どこでご飯を食べようか?

混んでいたらどうする?

嫌がったらどうする?

お昼寝はなんじにするのか?

時間に帰って来られなかったら?

寝なかったらどうする?

 

こんな感じで、マイナスのことを考え続けて、不安を消して行きます。

そして、現場で起こったことに対処していきます。

完璧な段取りを目指さない

段取りでやっちゃいけないことは、完璧を目指さないことです。

なぜなら、やってみないとわからないからです。

やってみるといろいろなことが出てきます。

そのいろいろなことを、「やべっ」と思うのか、「こんなことが起こるのか」でメンタルが相当変わってきます。

必ず想定外のことは起こります。

安心しましょう。

 

それを記録(記憶)していけば、だいたいのことはできるんじゃないかと思います。

段取りについて考えていることを書いてみるのまとめ

昔の人は、段取り8分仕事2分とよく言ったものです。

段取りを仕事に取り入れましょう。

 

編集後記

段取りについて書いてみました。

段取りは、当たり前のことですけど、自分に対して書いてみました。

もっと段取り力をつけて行きたいです。

 

55日記(1465)

ジジにリカちゃん人形を、誕生日プレゼントでもらっていました。

とても喜んでいます。 

 

66日記(692)

冷蔵庫を開けることができるようになりました。

注意車なきゃいけませんね。

時間管理考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所