THE FIRST SLAM DUNKを観に行ったら経費になるのか?

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

THE FIRST SLAM DUNKを観に行きましたので、THE FIRST SLAM DUNKが経費になるかどうかを書いて行こうと思います。

結論としては、THE FIRST SLAM DUNKを観に行ったら経費になるのか?ですが、

  • 社員と行けば福利厚生費
  • お客様と行けば接待交際費
  • 家族や個人的に行けば経費にならない

となります。

下の方で映画の感想を書いています。

ちょこっとネタバレありです。

スポンサーリンク

THE FIRST SLAM DUNKを見に行ったら経費になるのか?

THE FIRST SLAM DUNK (以下、スラムダンクとします。)を観に行ったら経費になるのか?ですが、

  • 社員と行けば福利厚生費
  • お客さんと行けば接待交際費
  • 家族や個人的に行けば経費にならない

となります。

社員と行けば福利厚生費

社員と親睦を深めるために行けば、福利厚生費となります。

映画を見ている間は親睦を深めるかどうかはわかりませんが、映画が終わった後は親睦を深めることはできると思います。

注意点としては、

  • 社員全員が対象
  • 一般的な金額であること
  • 現金支給やチケット支給じゃないこと

です。

 

現金支給は、現金で「映画見てね」って渡すと、別のことに使う人もいるからです。

チケット支給は、換金してしまう人もいるという理由となります。

 

社員みんなでスラムダンクを、観に行くのがよいでしょう。

お客様と行けば接待交際費

お客さんと行けば、接待交際費になります。

スラムダンクの映画なら行ってみたいというお客様も、いるんじゃないでしょうか?

私なら嬉しいです。

 

注意点としては、

  • チケットを渡す場合は、消費税の非課税

というところです。

 

消費税は、消費することが前提ですが、使われていないチケットは、消費されていません。

そのため消費税は、非課税となります。

会計ソフトの入力のときに、非課税を選択してください。

 

お客様と一緒に観た場合は、消費税は課税仕入になります。

非課税になるのは、チケットを渡した場合です。

家族や個人的に行けば経費にならない

家族、友人、又は1人で行った場合は、経費になりません。

なぜなら、家計費だからです。

 

事業に関係ないので、経費にはならないのです。

 

今から行こうと思っている方は、3つのどれに該当するかを確認してください。

THE FIRST SLAM DUNKを観に行った

スラムダンクを観に行きました。

結論としては、良かったという感想です。

理由は、

  • 動く山王戦
  • 主人公が違う
  • 始まりが良かった

ですね。

各項目について、書いていきます。

動く山王戦

マンガは、全巻持っていました。

アニメは観たことが無いのですが、動く山王戦は観たかったので、観られたのがとても良かったです。

 

マンガで観たことあるのに、映画を観ていてもドキドキハラハラするんですから、不思議です。

主人公が違う

今回の主人公は、桜木花道ではありませんでした。

それには、とても驚きました。

 

映画を観始めて、湘北のメンバー5人全員の過去を、全部やるのか?と思ったのですが、そんなことはなかったです。

1人だけクローズアップされていたので、「あっ、この人が主人公だったのか」と後から気づきました。

始まりが良かった

始まりが、マンガをかくような流れから、キャラクターがでてきた感じが良かったです。

一気にもっていかれました。

 

あと、音楽がアップテンポの曲で、良かったです。

とても、映画に合っていました。

THE FIRST SLAM DUNKを観に行ったら経費になるのか?のまとめ

私の文章では、良さが伝えきれていないのですが、良かったです。

というか、ネタバレしないように書くのは難しい。

興味ある方は、見てください。

 

編集後記(1372)

映画が終わったら、ポップコーンがかなり床に落ちていました。

掃除するの大変だな・・・なんて思いながら映画館を後にしました。

※私は、何も食べない派です。

 

55日記(1702)

私の母から手紙が届きましたが、読んだ後次女に破られてしまいました。

ラインの動画で、「やぶられちゃった~」と報告していました。

 

66日記(929)

朝近くのスーパーに一緒に行っています。

歩いていくのですが、頑張って行き帰り歩けるようになりました。

ベビーカーは、卒業ですね。

 

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所