独立のタイミングを考えてみる

独立
スポンサーリンク
この記事でわかること

独立のタイミングを考えてみる

独立のタイミングについて考えてみました。

かしわざき
かしわざき

もう確定申告の打ち上げのお酒を買った税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

この記事を読んで、独立のタイミングを確認しましょう。

独立のタイミングを考えてみる。

自分は、税理士として独立しましたが、独立のタイミングを考えてみました。

独立のタイミングで良いのは、次の3つです。

  • 「独立したい!」と思ったとき
  • 1年くらい生活できるお金がたまったとき
  • 家族の理解があったとき

各項目について、説明していきます。

「独立したい!」と思ったとき

1つ目は、「独立したい!」と思ったときです。

自分の場合は、会計事務所に勤めてから、ずっと独立したいと思っていました。

それは、自分の父も、個人事業主だったからです。

父は、社長じゃなかったのですが、「自分の力で食べる」にとても憧れていました。

 

今の事務所に

  • 不満がある
  • 未来に不満がある

と感じたり、感じなくても「独立したい!と思ったら、独立してみてはどうでしょうか?

1年くらい生活できるお金がたまったとき

2つ目は、1年くらい生活できるお金がたまったとき、です。

なぜなら、お金がないって本当に不安ですから。

最初からお客さんがついて計算できるのであれば問題ありません。

でも、お客がいないところから始める場合は、お金が必要となります。

 

よくあるのが、「君が独立したら、ついていくよ」という話です。

経験から言うと、10%~30%くらい信じた方が良いです。

 

最終的には、契約書にサインをしたときからが、お客さんです。

契約書にサインする前は、お客さんではなく見込み客なので、あまり喜ばないほうが良いです。

これは、仕事の依頼が来たときも同じです。

仕事の依頼がきても、契約書にサインがない状態の場合は、「やっぱりやめる」があります。

 

お金の不安が1番の不安です。

1年くらいは、生活できるお金は貯めておきましょう。

家族の理解があったとき

3つ目は、家族の理解があったときです。

ご家族がいる方は、家族の了解をとった方が良いです。

なぜなら、家族は自分の支えになるからです。

自分が困っているときや悩んでいるときに、一番近くにいる人が、力になってくれます。

 

自分の場合は、独立の話をしたときに、奥さんが「独立できる資格なんだから、独立したらいいよ」と言ってくれました。

 

「独立する」というと、家族は不安に思います。

家族を味方につけられるように、話をしてみましょう。

独立のタイミングで考えないほうがよいこと

独立のタイミングで考えないほうが良いことは、

  • 知識や技術があるようになってから

です。

知識や技術があれば、良いです。

でも、税金は、ずっと変わって行きますし、範囲も広がっていきます。

1人で全部を行うことは、ムリです。

 

自分も税金の全部知っているのか?と聞かれれば、「知りません」と答えます。

  • 外国が絡む税務
  • 組織再編

などは、まったくわかりません。(堂々と書いていますが、恥ずかしくないです)

自分がやったことなくて、やらないと思っている仕事は、お断りしてしまえば良いのです。

 

自分がやりたい仕事、やっていきたい仕事で、わからないことが出てきたら、仲間の税理士に聞けば良いです。

 

知識や技術は、後から学ぶことができます。

心配しないようにしましょう。

独立のタイミングを考えてみるのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

独立のタイミングを考えてみるのまとめ
  • 「独立したい!」と思ったとき
  • 1年くらい生活できるお金がたまったとき
  • 家族の理解があったとき

編集後記

独立のタイミングを書いてみました。

税理士の独立は、設備投資が少ないので、独立しやすいです。

「独立したい!」と思ったときが、独立のとき、と思ってよいと思います。

 

独立しましたが、入念に準備して独立したわけでは、ありません。

ほとんど、ノープランでしたし、日本で1位や2位を争うほどの、税金の知識があるわけではありません。

問題が出るたびに勉強し、人に聞きながらやっています。

 

昨日は、確定申告の仕組みづくりを少ししました。

  • 最初にお客さんに渡すもの
  • 確定申告の流れ
  • 確定申告の申告後の書類の流れ

などです。

毎回考えないで、これを見ながらやれば、終わるように作って行きたいです。

 

55日記(1355)

パイナップルを凍らせたのが、好きです。

これで、お菓子を食べる量を調節できるんじゃないかと、期待しています。

 

66日記( 582)

用事があって、ベビーカーに乗せて一緒に出かけましたが、機嫌が悪かったです。

自分で歩けなかったからのようです。

用事が済んで、歩いて帰ろうとすると、とても楽しそうでした。

独立考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所