現金をなるべく使わないのが確定申告をラクにする

所得税
スポンサーリンク

現金をなるべく使わないようにしましょう。

それが、確定申告をラクにします。

スポンサーリンク

なぜ現金を使わないほうが良いのか?

現金はなるべく使わないほうが良いです。

なぜなら、現金は、数えなければいけないからです。

 

現金は、とにかくどっかに行ってしまいがちです。

私も、現金を管理するのが大変だと感じています。

 

毎日自分の財布と現金の金額を確認するのですが、合わないときがあります。

例えば、髪をきりました。

 

「領収書は必要ですか?」と聞かれるので、「いりません」と答えます。

もうここで、現金が合わない可能性が出てきてしまいます。

 

たったこれだけなんですが、この1つの行動で現金が合わなくなります。

 

クドいのですが、もう1つ例をだすと、自動販売機でジュースを買いました。

自動販売機なので、領収書はもちろんでません。

 

これで、現金が合わなくなる可能性が出てきてしまうのです。

私の財布の管理だけでも、かなり大変だなぁ・・・と感じるので、現金を減らすことが経理をラクにするカギなのです。

 

現金を使わないようにするには

現金を使わないようにするには、まず支払いに目を向けましょう。

自分が、現金を使わないようにすれば、経理はラクになります。

 

現金を使わない支払いというと

  • 銀行振込
  • クレジットカード

をメインに使ってみましょう。

 

この2つのメリットは、数える必要がないです。

現金では、

  • 領収書が出ない
  • 領収書をもらえない
  • 領収書をもらわない

ということをすると、現金残高が合わなくなる可能性が出てきます。

 

でも、銀行振込やクレジットカードを使うと、数える必要がありません。

通帳に書いてあることやクレジットカードの明細を見れば使った内容がわかります。

 

会計ソフトへの入力もラクになりましす、クラウド会計を使えば入力そのものもなくなります。

現金を減らすことが、経理をラクにする第1歩となります。

現金をなるべく使わないのが確定申告をラクにするのまとめ

現金商売でなければ、現金を使わないこともできると思います。

まずは、支払いから現金を減らしましょう。

 

編集後記(1379)

法定調書の合計表などを処理。

面倒な仕事です。

 

55日記(1709)

朝起きて保育園に行くまでは、2人で遊ぶことが増えて来ました。

なにをしているかはわかりませんが、ぬいぐるみと一緒になにかやっていて、楽しそうです。

 

66日記(936)

お風呂から出るときに「今日は、〇〇(長女)と手をつながない」と言って、出ていきました。

昨日は手をつないでいたし、そんな気分なんだなぁと思った夜でした。

 

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所