通帳の入力だけでもラクしよう

クラウド会計
スポンサーリンク

会計ソフトへの入力で1番問題なのは、入力です。

本業をやって経理をやるのは、結構面倒です。

慣れていないと、時間もかかります。

 

通帳の入力だけでもラクしようということで、

  • データ連動
  • CSVでの取り込み
  • Excelでの入力

について、確認していきます。

 

ラクな順番で書いてあります。

スポンサーリンク

通帳の入力だけでもラクしようーデータ連動―

クラウド会計を使えば、データ連動して通帳の内容を入力することができます。

インターネットバンキングが必要なのですが、クラウド会計とインターネットバンキングで、仕訳を作ることができます。

 

今だと1番ラクな方法だと思います。

通帳に関しては、残高がはっきりしていますし、入力間違いも起こりにくいです。

 

通帳を見ながらの入力ですと、入力間違いも起こりますし、残高を合わせるのに苦労します。

デメリットとしては、

  • データが残っている期限がある
  • たまに連動しなければいけない

などです。

データが残っている期限がある

データが残っている期限があるというのは、データはずっと使えるものではない場合もあります。

ネットバンクなどは、1年間くらい遡って、データを取ることができます。

私が使っている城南信用金庫は、2ヶ月しかデータを取ることができません。

 

そのため、金融機関によってデータを取れる期間があります。

今まで入力していないで、年末になったので、クラウド会計を使ってラクに帳簿を作るのは、難しい場合があります。

 

データ連動の期間は、確認しましょう。

たまに連動しなければいけない

データを連動してもずっと連動し続けることがないようです。

たまに、パスワードなどを入力しなければいけなくなります。

 

上でも書きましたが、インターネットバンキングで取れるデータは、期限があります。

クラウド会計でほったらかしにしていれば帳簿ができると思って、本当にほったらかしにしておくと、データの取得期限を過ぎてしまう場合があります。

 

クラウド会計でやる場合でも、コツコツとやりましょう。

通帳の入力だけでもラクしようーCSVでの取り込みー

データ連動が1番ラクなのですが、CSVで取り込むという方法もあります。

CSVで取り込むのはどんなときかというと、クラウド会計と金融機関がデータ連動できない場合です。

さらに、クラウド会計と金融機関がデータ連動できない場合は、

  • 金融機関がそのクラウド会計に対応していない
  • 金融機関とクラウド会計は対応しているが、連動できない

という場合になります。

金融機関がそのクラウド会計に対応していない

クラウド会計とインターネットバンキングを使えば、データ連動できるということではないのです。

クラウド会計と金融機関で契約があり、契約している場合はデータ連動ができます。

じゃあ、自分が使っているクラウド会計と金融機関でデータ連動できない場合は、どうするのか?となります。

 

その時に出てくるのが、CSVでの取り込みです。

金融機関のデータをCSVという形で出してもらって、それを取り込むという方法です。

 

データ連動の方が簡単ですが、CSVも取り込んでしまったら、データ連動と処理は一緒です。

ちょっと手間があるかどうかになります。

金融機関とクラウド会計は対応しているが、連動できない

金融機関とクラウド会計は対応しているけども、クラウド会計の方でアップデートなどをしていて、データ連動できない場合があります。

その時は、CSVで取り込みます。

 

アップデートなどを待つことができれば、待っていたほうが良いかもしれません。

でも、量が増えれば処理する時間もかかります。

早く処理したい場合は、CSVでの取り込みがオススメです。

 

CSVでの取り込みは、データ連動の次という位置づけとなります。

データ連動が1番ラクということは、変わりません。

通帳の入力だけでもラクしようーExcelでの入力―

最後がExcelでの入力になります。

これは、通帳を見ながらやるので、大変です。

 

インターネットバンキングを使っていないときに、処理する方法です。

会計ソフトへの入力よりは、ラクにできます。

 

Excelに慣れているという人も多いです。

それに、会計ソフトへの入力がしづらいということもあります。

 

会計ソフトへの直接入力よりはラクですが、手入力には変わりませんので、大変です。

通帳もそうですが、クレジットカードも同じです

通帳のことを書いてきましたが、クレジットカードも同じです。

私が使っているクレジットカードは、1度連動するとずっと取り込んでくれます。

 

そこが銀行と違うところかもしれません。

お客様の場合だと、クレジットカードを取り込もうとすると、パスワードを要求されることもあります。

 

金融機関やクレジットカード会社によってちがいますので、確認してみてください。

通帳の入力だけでもラクしようのまとめ

通帳の入力をラクにする方法を書いてみました。

クラウド会計が前提となっていますが、楽になるなら使わない手はないと思っています。

ぜひ、使ってみましょう。

通帳の入力だけでもラクしようは、

  • データ連動
  • CSVでの取り込み
  • Excelでの入力

となります。

 

編集後記(1346)

ブルーロックというアニメを見ました。

なかなかおもしろいです。

 

55日記(1676)

落ち葉が集めれられていたところに、ダイブしていました。

大人ではできないことを、子供って簡単にやっちゃうんだと感じました。

 

66日記(903)

公園のちいさい山に行くと、必ず靴下を脱ぎます。

保育園の教えを守っているのかもしれません。 

 

クラウド会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所