売上か節税かと聞かれたら、まずは売上と答えます

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

事業を始める方で、「節税が・・・」とおっしゃる方がいます。

もちろん、節税も大切なのですが、売上の方が大切だと思っています。

売上⇒利益⇒節税の順番ですよ。

どんどん稼いで、どんどん楽して、それから節税しましょうって言う話になります。

スポンサーリンク

売上か節税かと聞かれたら、まずは売上と答えます

売上か節税かと聞かれたら、まずは売上と答えます。

なぜなら、節税は、利益がでないとできないからです。

事業を始める方で、最初に「いい節税ってありますか?」と聞かれることがあります。

でも、その前に売上頑張っていこう!と言いたいのです。

仕事は、なにがあるかわからないからです。

 

実際に、私の例で書いていこうと思います。

私は、税理士として独立する前に、「今度独立するので、よろしくお願いします」と少しだけ声を掛けていました。

やっぱり、独立後になにもないと不安だからです。

 

独立しますと声をかけると「独立したら連絡してよ」や「絶対お願いするよ」という方が多いです。

でも、本当に連絡すると「おめでとう、頑張ってね」とだけ言われることが多いです。

 

この業界特有のヤツなんでしょうけど、このあたりを本気にすると、大変なことになります。

※私は、ちょっと本気にして、「全部しごと来たら売上はいくらかな?」とニヤニヤして電卓をたたき続けた思い出があります。

 

ですが、開業してみると、

思ったよりも仕事がなかった・・・

思ったよりも経費がかかった・・・

などは、よくあることです。

 

まずは、しっかりと売上を上げることを考えましょう。

私も売上上げることを考えています。

節税よりも売上を優先する理由

節税よりも売上を優先する理由は、お金があればなんでもできるからです。

お金があれば、

  • 気持ちにゆとりができる
  • 投資などして楽に稼ぐことができる
  • 外注に出したりして楽に稼げる

などです。

そして、節税ができるです。

 

実際に、お金がないと、なにもできない世の中になっています。

そのため、まず稼ぐことを第一に考えてもらいたいのです。

それから、今まで自分一人でやってきたことや、苦手なことを他の人にお願いして、やってもらう。

そして、空いた時間をさらに、自分の

  • できること
  • 得意なこと
  • やりたいこと

に集中することで、さらに稼ぐことができます。

 

そして、「節税」という流れになると思います。

節税が先だと、お金が苦しくなります。

たとえば、個人事業主や会社の社長に勧める

  • 小規模企業共済等掛金
  • ふるさと納税

なども、結局はお金が出ていきます。

 

小規模企業共済等掛金は、節税できて退職金としてもらえるので、大変お得です。

でも、その支払で逆に生活が苦しくなったら、大変です。

 

まず最初は、しっかりと地盤を固めてから、節税に向かうという方向性でお願いしたいのです。

もし、その時が来たら、全力で対応します。

売上か節税かと聞かれたら、まずは売上と答えますのまとめ

事業は、最初からうまく行きません。

だからこそ、売上を得る方法を確立してほしいのです。

その先に効率化や節税が待っているような気がします。

今回のまとめは、

売上か節税かと聞かれたら、まずは売上と答えますということです。

 

編集後記(7585)

他人事のように書いていますが、自分に向けても書いています。

もっと、売上を上げて効率化して、豊かな暮らしを目指したいです。

 

55日記(1578)

踊りが踊りたいというので、きゃりーぱみゅぱみゅのファッションモンスターを流したら、気に入ってました。

終わった後も「ファッションモンスター・・・」と口ずさんでいました。

 

66日記(805)

なぜか「か~らか~らからメール」って歌うんですけど、これなんですかね?

どこで覚えたんだろう。

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所