うちの会社の税金は、今いくら?を簡単に確認してみよう

法人税
スポンサーリンク
この記事でわかること

法人税、消費税のだいたいの金額の計算方法

かしわざき
かしわざき

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるっていい言葉だと思う税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

うちの会社の税金は、今いくらなんだろうと悩んでいませんか?

消費税を除く会社の税金は、

  • 利益が800万円以下の部分は23%くらい
  • 利益が800万円超の部分で34%くらい

になります。

この記事を読んで、ざっくりと会社の税金について、確認してください。

スポンサーリンク

うちの会社の税金は、今いくら?法人税等の場合

消費税を除く会社の税金は、

  • 利益が800万円以下の部分は23%くらい
  • 利益が800万円超の部分で34%くらい

となります。

もし、会計事務所が金額を直前まで教えてくれなくても、この率をかければざっくりと計算することができます。

計算式の法人税等とは?

法人税等とは

  • 法人税
  • 地方法人税
  • 法人都民税
  • 法人事業税
  • 特別法人事業税

が含んでいます。

 

決算の時に納税する税金と同じです。

利益とはどこを言うの?

利益とは、税引き前当期純利益となります。

会計事務所で試算表を作ってもらった場合や会計ソフトにある利益に率をかければ、だいたいの税金を計算することができます。

予定納税があった場合は、計算した金額から、引いた金額が決算の時に納税するだいたいの金額です。

 

会計事務所にお願いしている場合は、残り6か月くらいで、聞いてみましょう。

決算のときにしか会計事務所にお願いしていない場合は、利益に率をかけて計算してみましょう。

 

消費税を除く会社の税金は、

  • 利益が800万円以下の部分は23%くらい
  • 利益が800万円超の部分で34%くらい

となります。

もし分かりづらかったら、利益の30%でもよいと思います。

 

うちの会社の税金は、今いくら?消費税の場合

消費税の会社の税金を確認するのは、ちょっと複雑です。

会計事務所に頼んでいる会社は、会計事務所に聞くのが良いです。

ちなみに、私は、だいたいの金額をその都度報告しています。

会計事務所の人に、「そのつど教えて」と言ってもらえれば、教えてくれると思います。

会計事務所の会計ソフトなら、消費税は自動計算で計算できますので。

 

会計事務所と年1回のお付き合いの方、すぐにだいたいの金額を知りたい方は、

  • 原則課税
  • 簡易課税

で分かれます。

両方を確認していきます。

原則課税

消費税の原則課税は、

  • 消費税のかかる売上などから、消費税のかかる支払いを引く

という計算方法となります。

 

消費税の原則課税で、だいたいの金額を知りたい場合は、

  • {売上△経費(給料、法定福利費、租税公課、支払利息を除く)}×10%

です。

これで、消費税のかかる売上から消費税のかかる経費を引いて、だいたいの消費税額を計算できます。

 

もし、車両の売却などがある場合は売上に含めて、車両の購入などがある場合は、経費に含めてください。

だいたいなので正確な金額は、出て来ません。

目安として計算してください。

 

※課税売上割合などは、無視しています

課税売上割合が95%未満の場合は、会計事務所に確認しましょう。

簡易課税

消費税の簡易課税は、

  • 消費税のかかる売上に率をかける

という計算方法になります。

簡易課税は、業種でかける率が変わります。

  • 卸売業⇒売上×1%
  • 小売業等⇒売上×2%
  • 製造業等⇒売上×3%
  • その他の事業⇒売上×4%
  • サービス業等⇒売上×5%
  • 不動産業等⇒売上×6%

となります。

売上に率をかければ、だいたいの消費税額が計算できます。

 

例えば、卸売業と小売業の両方をやっている場合は、分けて計算します。

※本当は特例計算とかあるのですが、難しいので無視します。

法人税と同じですが、予定納税がある場合は、計算した金額から引いた金額が、決算の時に納税する消費税のだいたいの金額です。

 

消費税は難しい税金です。

特に原則課税は、計算するのがむずかしいです。

基本は、

  • 消費税のかかる売上などから、消費税のかかる支払いを引く

です。

根気よく計算すれば、近い金額がでてきますので、確認して見てください。

うちの会社の税金は、今いくら?がわかったらお金を貯めよう

会社の税金の金額のだいたいの計算方法を書いてきました。

計算して終わっては、もったいないです。

計算⇒貯金へと流れていきましょう。

オススメなのは、

  • 別の口座に移動する

です。

別の口座に移動すれば、お金の心配はないです。

 

もし移動した口座で納税したい場合は、ネットバンクはオススメしません。

なぜなら、ネットバンクは、Pay-easy納付やダイレクト納付などに対応していないからです。

※Pay-easy納付やダイレクト納付とは、税金が銀行引き落としで払える納付方法です。

移動した口座で支払う場合は、信用金庫などのPay-easy納付やダイレクト納付ができる金融機関にしたほうが良いです。

 

うちの会社の税金は、今いくら?を簡単に確認してみようのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • 法人税は、自分で計算してみましょう
  • 消費税は、会計事務所に聞いてみましょう
  • 計算したら別の口座へ移しましょう

 

編集後記

うちの会社の税金は、今いくら?について書いてみました。

たまに聞きますけど、会計事務所から直前に金額を言われたということがあります。

毎月処理なのか、年1回の処理なのかにでも変わって来ますので、絶対会計事務所が悪いということでも無いと思います。

でも、ちょっと自分で計算できたら楽なので、計算してみてください。

 

昨日は、子供に熱がでていたので、仕事らしいことはあまりできませんでした。

でも、子供がこない階段で仕事をすこししました。

 

55日記(1545)

昨日は、熱があったのでずっとテレビを見ていました。

早く良くなるといいです。

 

66日記(772)

今日から保育園に行けます。

1日家にいて、退屈だったと思います。

 

法人税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所