個人事業主の所得税の納税のタイミング

所得税
スポンサーリンク

個人事業主の所得税の納税のタイミングを確認していきます。

所得税の納税のタイミングは、

  • 3月(確定申告)
  • 7月(予定納税1回目)
  • 11月(予定納税2回目)

で、予定納税がある人は、年間の所得税額がだいたい15万円を超える場合です。

スポンサーリンク

個人事業主の所得税の納付のタイミング

個人事業主の所得税の納付のタイミングは、最大で年3回となります。

それは、

  • 3月(確定申告)
  • 7月(予定納税1回目)
  • 11月(予定納税2回目)

となります。

 

7月と11月(予定納税1回目と2回目)は、必ずあるものではなくて、前年の所得税がだいたい15万円を超えると発生します。

前年の所得税と言うのは、3月に払った金額ではなく、前年の所得税の総額です。

年間の所得税がだいたい15万円を超えると、年3回の納税となります。

 

例えば、2021年の所得税が30万円だったとします。

そうすると、

  • 7月(予定納税1回目) 30万円×1/3=10万円
  • 11月(予定納税2回目) 30万円×1/3=10万円

となります。

 

予定納税は、遅れたら罰則が付きますので、納付もれがないように確認しましょう。

予定納税を払ったら確定申告の税金額は?

予定納税を払った場合の確定申告の税金には、2つのパターンがあります。

  • 予定納税額<年間の所得税額 :納税
  • 予定納税額>年間の所得税額 :還付

予定納税は、所得税の前払いなので、年間の所得税が予定納税額よりも大きければ、納税となります。

全体の税金△予定納税=確定申告の税金です。

 

その逆で、年間の所得税額が、予定納税額よりも小さければ、還付となります。

全体の税金△予定納税額=確定申告の還付額です。

 

もし年に年に2回払うようになれば、それは予定納税です。

でも、同じタイミングで個人事業税もありますので、間違えないでください。

 

個人事業税は、国に支払うものではありません。

もし予定納税の金額がわからなくなったら、確定申告の時期くるはがきに書いてあります。

※はがきが来ない人もいるようです。わたしは来ません。

個人事業主の所得税の納付のタイミングのまとめ

所得税の納税は、

  • 3月(確定申告)
  • 7月(予定納税1回目)
  • 11月(予定納税2回目)

となり、予定納税がある人は、年間の所得税額がだいたい15万円を超える場合です。 

 

編集後記(1383)

昨日は、久しぶりにランニングをしました。

夜は、疲れてダルかったです。

 

55日記(1713)

いももちが良かったようです。

「これ大好き」と言っていました。

 

66日記(940)

アクアパッツァの残りをパスタにしたのですが、おかわりをして食べていました。

味が合うとこんな感じになるんだなぁと、関心しました。

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所