会計ソフトへの入力のコツ

会計
スポンサーリンク

会計ソフトへの入力のコツは、なるべく同じものをまとめるということです。

同じものをまとめるとは、

  • 領収書を科目順に並べる
  • 軽減税率などは別に分ける
  • 月別にする

いきなり入力しないで、入力前に時間をかけるとストレス無く入力できると思います。

スポンサーリンク

会計ソフトへの入力のコツー領収書を科目順に並べるー

会計ソフトへ早く入力する場合は、領収書を科目順に並べます。

なぜなら、同じ科目を入力したほうが、連続で入力しやすいからです。

入力する前に、分けておくのがポイントです。

 

日別の方が良いと思う方もいるかも知れませんが、日別はオススメしません。

なぜなら、会計ソフトに入力すれば、勝手に日別になるので、勘定科目ごとに入力して問題ありません。

 

現金の領収書をいきなり入力してしまっては、時間がかかってしまいます。

準備を先にすれば、ラクに行うことができます。

会計ソフトへの入力のコツー軽減税率などは別に分けるー

領収書を科目別に分けたら、軽減税率がある領収書を分けましょう。

なぜなら、軽減税率は見落としやすいからです。

入力中に軽減税率と10%を分けるよりも、

  • 10%のみ
  • 軽減税率と10%の混在
  • 軽減税率のみ

と3種類に分けておいた方が良いです。

見落としが少なくなるからです。

 

入力しながら、「これは10%で入力、これは8%と10%の混在・・・」と考えてやると、時間がかかります。

なるべく、考えないようにするために集めて処理していきます。

 

会計ソフトについては、10%の入力が多いので、10%が最初に来る場合もあります。

なんとなくやっていると全部10%になって、後から修正しなきゃいけなくなりますので、面倒です。

 

軽減税率がでてきて、会計ソフトへの入力が複雑になりました。

最初に分けることが肝心となります。

会計ソフトへの入力のコツー月別にするー

領収書を月別に分けます。

なぜなら、会計ソフトの確認の単位が月別だからです。

月別で入力をして、金額を確認します。

上で日別にはしなくても良いと書きましたが、月別にはしましょう。

 

月別の方が確認しやすいです。

会計ソフトへの入力のコツのまとめ

会計ソフトへの入力が、ガッツリとあったので書いてみました。

入力は、作業になりますので、その前の部分が大切になります。

準備に少し時間をかけると、ストレスなく入力することができます。

 

編集後記(1273)

暑いから一気に涼しくなりました。

昨日、朝久しぶりに長袖を来たのですが、次女が「新しいの着てる」と気づいていました。 

 

55日記(1603)

保育園で先生に「しっかりしていて、とても助けられた」と言われたみたいです。

「なにお手伝いしたの?」と聞くと、色々話してくれました。

 

66日記(830)

納豆が食べたいというので、ご飯にかけたら、「自分で!」と言って、やり直しになりました。

自分でご飯にかけたかったみたいです。

 

会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所