自分の強みはなにか?を考えてみる

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

人との会話の中で、自分の強みが発見できるんじゃないかと思います。

先日ある方と打ち合わせをしたのですが、家に帰った時に色々思うことがあったので、書いて見たいと思います。

かしわざき
かしわざき

奥さんが怒っている時に、反抗・反対・反応(過剰な)をしちゃいけないんだと気付いた税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

税理士は、強みなのか?

先日ある打ち合わせの時に、「相続については、税理士は最強です。弁護士よりも」って言う話が出ました。

私自身も税理士であることは、強みであると思います。

長い受験生活もあったので、強みがなかったら悲しいですけど。

  

税理士資格を持っていると、就職・転職・独立に有利になります。

向いているか向いていないかもありますが、会計事務所勤務に疲れたら、最終手段?で独立という手もあるからです。

  

ただ、税理士って人数多いですから、資格のインパクトについてはあまりないです。

資格のインパクトとは、「私、税理士なんです。」って言ってからの「おおっ(どよめき)(すごい!)」みたいなものです。

だいたい聞くと、知り合いか、知り合いの知り合いに税理士っていますので、税理士ってだけでは強みではないようです。

見た目は強みになるのか?

見た目も強みになるようですが、かっこ良いだけが強みじゃないようです。

もちろん、かっこ良いほうが良いでしょう。

でも、裏切らなそう・大きな態度をしなそうなどの安心感も、強みになるんじゃないかと思います。

   

私は、「あまり怒らない」とか言われることがあります。

怒らなくなったのは、中学生か高校生の時にサッカー雑誌の記事を読んで、強く影響を受けたからです。

  

昔、オランダのサッカー選手でルート・フリットという選手がいました。

その選手のインタビュー記事に、「ファールを受けて怒っても、点が入るわけじゃない。」って書いてあったのです。

確かに、ファールを受けて相手選手や審判に文句を言っても、点が入る訳ではないんですよね。

その時から、怒っても得することもないので、怒ってもしかたないと思っています。

   

長い付き合いの人からは、「あいつは怒ったところを見たことないから、怒ると怖い」とか言う人もいますが、そんなことはありません。

体験は強みになるのか?

体験も大きな強みになります。

私は、税理士業界に入る前にホームセンターで働いていました。

そこはブラックホームセンターで、「夜中の3時まで働いて、5時に出勤したことがある」という話をしました。

過去の過酷な労働体験は、同じような体験をしたことがある方には共感を得やすいです。

他に、

  • 〇〇の仕事をしたことがある
  • 〇〇に行った事がある
  • 〇〇した事があるなど

の体験したことも、同じような体験した人と繋がる場合や、体験してみたい人に対しては大きな強みになります。

強みは自分で気づくもの

どの本だったか忘れましたが、「強みは、自分で気づくもの」とありました。

今回は、人と話をたことで、「自分がどう見られているのか?」などのことに気づくことが出来ました。

人と話すこと以外に、発信などをして自分を知ること=強みを知ることになるんじゃないかと思います。

自分の強みはなにか?を考えてみるのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

自分の強みはなにか?を考えてみるのまとめ
自分の強みはなにか?を考えてみるのまとめ
  • 強みとは、人と話をしたり発信をして気づくもの

55日記(1107)

最近ヤダヤダが多くなりました。

朝起きてヤダヤダ、お風呂に入りたくないからヤダヤダ、テレビが見たいからヤダヤダ・・・

ヤダヤダっていつ終わるんでしょうか?

66日記(334)

暑いのに、抱っこひもで抱っこして外に散歩に行くと、すぐに寝てくれます。