会社を設立して決算日を決めるために気を付けたいポイントとは?

会社を作る
スポンサーリンク

こんにちは、東京都大田区の税理士の柏嵜忠弘(かしわざきただひろ)です。

 

会社を設立しようとすると決めなければいけないのは、決算日です。

 

決算日っていつがよいのだろう?と悩んでいませんか?

 

決算日は、いつでも良いのです!

 

いつでも良いけれど、こんな風に決めたら良いですよっていうのを書いてみました。

 

今回は、決算日について一緒に勉強しましょう。

※この記事に出てくる決算月とは、事業年度の終了の日の含んだ月です。

事業年度が4月1日~3月31日の場合は、3月のことを指します。

スポンサーリンク

決算日はいつでも良い?

会社の決算日は、いつでも良いです。

1月1日や自分の誕生日、記念日などでも大丈夫です。

あまり、そんな決め方をする人はいませんけど。

会社の決算は3月が多いけどやっぱり3月が良いのか?

会社の決算と聞くと3月を思い出しませんか?

私が会計事務所に勤務していた時に聞いた話ですが、3月決算のお客さんに「なぜ3月決算にしたのですか?」と聞きました。

そうしたら、「なんとなくだよ。会社って3月決算にするんじゃないの?」とおっしゃっていた方がいました。

 

そんな、なんとなくな決め方もあります。

 

なんで3月決算が多いのかその理由を調べてみましたが、次のような理由のようです。

  • 税法が変わるから
  • 役所が3月で終わるから
  • 学校が3月で終わるから

これから会社の設立を考えている方は、3月決算は特別な理由がない場合はやめた方が良いです。

理由は、税理士が忙しいからです。

3月決算は、件数が多く非常に作業が集中します。

 

できたら避けてほしいというのが正直なところです。

会社の売上のピークの月は避けた方が良い

売上のピークの月を決算月にするのは、できるだけ避けた方が良いです。

理由は、利益調整など決算対策ができないからです。

 

前の月まで赤字になっていたのに、決算月に大幅に利益が出てしまってその事業年度が終了する。

 

節税しようとしても何の対策もできません。

 

商品を販売している会社であれば、商品在庫なども増えてくると思います。

商品在庫が多くなれば、棚卸の作業が多くなります。

商品などが少ない時期にするのも良いと思います。

 

商品を多く仕入れれば、お金も多く出ていきます。

売上が3か月後で商品仕入れの支払いが翌月ならば、会社のお金が少なくなってしまします。

 

会社の税金の納税は決算月の2か月後ですから、このような状況ですと会社のお金が足りなくなってしまいます。

 

季節や〇月~〇月は忙しいとわかっているのであれば、その時期は決算月から外した方が良いです。

決算日は会社の売上の締め日に合わせるとよい

会社の売上の締日が月の末日の場合は、末日に合わせた方が良いです。

 

その理由は、会社の売上の締日が末日なのに決算日を20日などにしてしまうと、21日~月末までを追加計算しなければいけないからです。

 

仕入れ先や外注先の締め日は仕方ないとしても、自分の会社であれば調整できます。

作業や間違いを減らすためにも、できれば合わせた方が良いと思います。

 

※決算締切日の特例というのがありますが、あまり良い制度と思っていませんので触れません。

決算日は変更できます

1度決めた会社の決算日ですけど、変更することはできます。

変更するために必要な書類は、下記のとおりです。

株主総会議事録

異動届出書

 

株主総会で定款変更の決議をします。

 

もちろん定款も変更します。

 

異動届出書は、株主総会議事録と一緒に税務署などに提出します。

会社の決算日変更の注意点

事業年度が4月1日から3月31日の会社が事業年度を9月30日に変更しようとします。

 

4月1日~9月30日で1度決算を行います。

 

この6か月が1事業年度になります。

 

そして、翌事業年度が10月1日~9月30日となります。

決して4月1日~翌年の9月30日というように、事業年度は1年を超えません。

個人的には10月~3月は避けてほしい

税理士の立場として「決算は何月が良い?」と聞かれたら、私はこう答えます。

第一希望 5月・7月・8月

すくねぇ~っ!って言われそうですが、第一希望としてはこの3です。

 

第二希望 2月・4月・9月

そして第二希望です。

 

決算月の2か月後に税務署に申告をするのですが、10月の2か月後は12月になります。

12月というと年末調整があります。

年末調整の後は、確定申告。

 

そして3月決算へと続いていくからです。

 

6月がないのは、6月決算だと税務署に申告するのが8月になります。

お盆休みに入っていしまうからです。

 

自分が営業していても、お客さんがお盆でお休みしている場合があります。

 

お盆休みを取ってしまうと、時間が無くなってしまいますので6月を外しています。

 

あくまでも希望です。

相談して決めていただけたらと思います。

会社を設立して決算日を決めるために気を付けたいポイントとは?のまとめ

  • 会社の決算日は、いつでも良い
  • 会社の売上がピークの月は避けた方が良い
  • 会社の決算日は、変更できる
  • 税理士にも希望があります

最後まで読んでいただきありがとうございました。