会社を守るのは、お金だけである

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
この記事でわかること

会社を守るには、お金が必要であること

会社を守るのは、お金が必要です。

かしわざき
かしわざき

言いかえ図鑑を買った税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

会社を守るのは、お金だけである

会社を守るのは、お金だけです。

なぜなら、お金がないと会社が倒産してしまうからです。

もちろん、社長の経営能力や営業能力も必要なのですが、会社を続けていくためには、お金が必要となります。

会社にお金がなければ、お金を用意するために社長がお金作らなきゃいけません。

お金作りに時間が必要になると、社長が営業に力を入れることができなくなって、営業力が落ちてしまいます。

社長の営業力が落ちれば、会社の業績(売上)が落ちてしまうので、大問題です。

 

社長が営業能力を発揮できる状態が、お金がある状態なのです。

会社を守るためにお金を増やして行きましょう。

なぜ、お金はなくなるのか?

なぜ、お金はなくなるのでしょうか?

その理由は、

  • ずっと赤字の場合
  • ずっと黒字の場合

の2つのパターンがあります。

各項目について、確認していきます。

ずっと赤字の場合

ずっと赤字の場合は、お金が無くなります。

なぜなら、赤字とは、売上よりも経費が多い状態だからです。

売上よりも経費が多いということは、収入よりも支払いのほうが多いということになります。

会社を作ったときにいっぱいお金があったとしても、収入よりも支払いのが多い場合は、お金がなくなってしまいます。

 

ずっと赤字の場合は、お金がなくなってしまいます。

赤字からの脱出を目指しましょう!

ずっと黒字の場合

ずっと黒字の場合でも、お金がなくなることがあります。

なぜなら、取引先からお金が入金して来ない場合があるからです。

自分の会社が悪いわけではなく、取引先の倒産によってお金が入ってこない場合です。

取引先からお金が入って来ないけど、商品の仕入や事務所家賃などの支払いをしなきゃいけないので、お金が出ていきます。

 

お金が入って来ないんだから、売上にしなきゃいいんじゃない?と思うかもしれませんが、商品などの売上とお金の回収は別なのです。

お金が入ってこなくても、商品を売った、サービスをした時点で、売上は発生してしまうのです。

売上が発生すれば、税金が発生します。

 

じゃあ、もらえないお金を経費にすれば良いと思うかもしれません。

でも、倒産した場合は、会社が完全に無くならないと、経費にできないのです。

※半分経費にできる場合もあります。

 

ずっと黒字の場合でも、取引先からお金が入って来ない場合があります。

お金を蓄えることを考えて見ましょう。

会社に置いておくお金の目安

会社に置いておくお金の目安は、月商の3か月分です。

月商の3か月分とは、売上の3ヶ月分です。

去年の売上がある方は、去年の売上の月平均の3か月分を目指してください。

なぜなら、上でも書来ましたが、取引先の関係でお金がはいって来ない場合があります。

会社にお金がないと、すぐに倒産してしまいますので、お金を会社に残すようにしてください。

会社を守るのは、お金だけであるのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

会社を守るのは、おかねだけであるのまとめ
  • 会社を守るのは、お金だけです!

編集後記

会社を経営する場合は、お金の問題がでてきます。

お金を増やすことを目指しましょう。

 

最近は、サントリーの南アルプス天然水スパークリングのレモンをよく飲んでいます。

ウイルキンソン炭酸のレモンより、こちらの方が好きです。

気分を変えたいときには、シュワッとしていて、良いです。

 

55日記(1349)

冬なのに、凍らしたパイナップルを食べるのが好きです。

私が、果物いっぱいあるのにパイナップルが安かったので買ってしまったものです。

ナイスフォローと言いたい。

 

66日記(576)

自分で服を着ようとしたり、脱ごうとしたりします。

頑張れ!

考え・思い・感じたこと資金繰り
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所