聞くことを重点に置いていること

仕事
スポンサーリンク

人と話すことが多いのですが、聞くことも大事なんじゃないかと思うようになって来ました。

かしわざき
かしわざき

娘が酔い止め飲んで、電車にのれるようになってひと安心な税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

聞くことについて書いていきたいと思います。

聞くことに重点を置くようになってきた

最近は、聞くことに重点を置くようになってきました。

それは、自分の説明がちゃんとお客さんの悩みの答えになっているのか?と思ったからです。

税理士の仕事は、お客さんと一緒に作り上げる仕事だと思っています。

一緒に作り上げて行くので、お客さんの思っていることを、うまく自分の中に取り入れて行かなければいけません。

そのため、「聞くこと」が重要になって来るのです。

以前は、話すことが重要だと思っていた

以前は、話すこと、特に説明することが重要だと思っていました。

それは、お客さんに会計や税金などのことを知って欲しいと思ったからです。

でも、一方的すぎたのかもしれません。

もしかしたら、自分の思いを伝え終わりって感じになっていたのかもしれません。

 

話をすること(説明すること)が大切だと思っていたのですが、話をすること(説明すること)も大切という考えに変わりました。

本当の希望ってなんだ?を聞く

聞くといっても表面だけ聞いていてもしかたがありません。

なぜなら、それはお客さんが考えていることと、違ってしまうかもしれないからです。

本当の希望って何なんだ?と探りながら話を聞く必要があるのです。

 

例えば、「会社をつくりたい」という人がいたとします。

会社を作りたいと聞けば、会社を作りましょうが答えなのかもしれません。

でも、それだけでは聞いたことにはなりません。

 

本当は、他に希望があるのかもしれないのに、よくわからなくて「会社をつくりたい」と言っているのかもしれないのです。

なぜ?どうして?会社を作りたいのか?ってところが肝心なのです。

  • 会社を作って税金を減らしたい
  • 会社を作って信用が欲しい
  • 会社を作って社長になりたい

などの気になることがあって、会社を作りたいという結果になったのかもしれません。

 

税金を減らすことが重要なら、会社にする必要がないかもしれません。

会社を作って社長になりたい場合は、なんで社長になりたいの?ということを聞く必要があると思います。

深い希望を知って初めて、お客さんに話すことが出来るんじゃないかと思います。

 

まだ、人の深い希望をすべて聞き取る力は備わっていませんが、経験を増やして行きたいと思っています。

聞く技術をつけるために買った本

聞く技術をつけるために買った本は、

一瞬で心をつかむ!聞く力という本です。

他に何冊か購入したのですが、まだ読んでないので、今読んでいる本を紹介します。

参考にしてみてください。

  

編集後記

最近は、話す・聞くといった基本的なスキルの向上を考えています。

話す本も買っていますが、まだ読んでいません。

コミュニケーションで1番重要なのは、パニックにならないことじゃないかと思います。

とにかく、落ち着くことが重要で、落ち着いて聞いて、落ち着いて話せれば問題ないんじゃないかと思ってるんですけど、パニックになりますよね。

まずは、聞くことの向上を目指して行けたら良いなと思っています。

55日記(1244)

昨日は、自転車のチャイルドシートのベルトの調整をしました。

チャイルドシートに乗せて調整したいのですが、すぐに「降りたい」と言って降りてしまいます。

遊びたかったようです。

66日記(471)

夜中に何度も起きました。

暑かったのでしょうか。

体感温度が違いすぎて、よくわかりません。

仕事考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所