個人事業主の飲食代は経費になるのか?を解説!

仕訳・経理処理
スポンサーリンク
この記事でわかること
  • 仕事に関連する人と一緒に食べた場合⇒経費になる
  • 自分だけや専従者・家族と食べた場合⇒経費にならない

個人事業主の飲食代は、経費になるのか?で悩んでいませんか。

この記事は、個人事業主の飲食代や旅行などについて書いてあります。

この記事を読んで、個人事業主の飲食代や旅行について確認しましょう。

個人事業主の飲食代は経費になるのか?

個人事業主の飲食代は、

  • 仕事に関連する人と一緒に食べた場合⇒経費になる
  • 自分だけや専従者・家族と食べた場合⇒経費にならない

となります。

なぜなら、個人事業主の飲食代は、

  • 仕事に関係すれば経費
  • 個人的なものは食費(経費にならない)

になるからです。

各項目について、確認していきます。

仕事に関係すれば経費

仕事に関係すれば経費となります。

なぜなら、仕事に関係するものは、経費になるからです。

この場合の仕事とは、会議、打ち合わせ、作業と一緒に食事やお茶をしたことを言います。

取引先や従業員と一緒に食事をすれば、自然と仕事の話になるからです。

 

最初に書いた、

  • 自分以外の仕事に関連する人と食べた場合⇒経費になる

は、仕事の話をするからなのです。

個人的なものは食費(経費にならない)

個人的に食べる場合は、食費となり経費になりません。

なぜなら、食事であり、仕事に関係ないからです。

 

最初に書いた、

  • 自分だけや専従者・家族と食べた場合⇒経費にならない

は、自分や家族の食事になってしまうからです。

ケース別 個人事業主の飲食代は経費になるのか?

個人事業主の飲食代が経費になるかどうかを、ケース別に説明していきます。

  • 取引先と取引先に行く間に時間があったから食事をした場合
  • 取引先の訪問が終わったら夜だったので、食事をした場合
  • 取引先と取引先に行く間にカフェに寄って作業をした場合
  • 取引先と割り勘で食事をした場合
  • 取引先を接待した場合
  • 取引先の訪問が終わったので、従業員と食事をした場合
  • 出張先で夜に1人で食事をした場合

各項目について、説明していきます。

取引先と取引先の移動の間に時間があったから食事をした場合

取引先と取引先の間に時間があったから食事をした場合は、経費になりません。

なぜなら、食事をしただけで、仕事には関係ないからです。

取引先と取引先の移動の間で仕事にはなるのですが、食事中は打ち合わせなどしていませんので、経費にはなりません。

取引先の訪問が終わったら夜だったので、食事をした場合

取引先の訪問が終わったら夜だったので、食事をした場合は、経費になりません。

これは、夕食を食べているだけになっているからです。

仕事には関係ありませんので、経費にはなりません。

取引先と取引先の移動の間にカフェに寄って作業をした場合

取引先と取引先の移動の間にカフェに寄って作業をした場合は、経費になります。

なぜなら、作業場所の確保にカフェに行って、作業もしているからです。

私もよくありますが、マクドナルド、ドトールなどで空いた時間に作業をしています。

この時のコーヒー代は、会議費として経費にしています。

※会議をしていませんが、個人事業主には福利厚生費がありませんので、しかたなく会議費にしています。

取引先と割り勘で食事をした場合

取引先と割り勘で食事をした場合は、経費になります。

なぜなら、取引先と食事をすれば仕事の話になるからです。

支払いが割り勘だっただけですので、仕事に関連するため経費になります。

取引先への訪問が終わったので、従業員と食事をした場合

取引先への訪問が終わったので、従業員と食事をした場合は、経費になります。

なぜなら、従業員と食事に行けば、仕事の話になるからです。

勘定科目は、会議費が良いと思います。

出張先で夜に1人で食事をした場合

出張先で夜に1人で食事をした場合は、経費になりません。

なぜなら、食費だからです。

出張という仕事になりますが、夕食を食べているだけになり仕事をしていないからです。

 

ちなみに、宿泊料に朝食がついている場合は、経費になります。

宿泊料のホテル代は、旅費交通費で良いと思います。

個人事業主の飲食代を経費にするためには?

個人事業主の飲食代を経費にするには、

  • 領収書やレシートに誰と行ったかを書く

必要があります。

なぜなら、領収書やレシートだけでは、誰と食事をしたのか、わからないからです。

領収書やレシートの裏面に

  • 取引先名
  • 人数又は氏名

を書いておきましょう。

仕事で飲食していることを証明するためなので、書きましょう。

旅行や忘年会は個人事業主の経費になるのか?

旅行や忘年会なども考え方は同じで

  • 仕事に関係すれば経費
  • 個人的なものは経費にならない

となります。

例えば、個人事業主、専従者、従業員で社員旅行や忘年会を行う場合は、経費にできます。

でも、個人事業主、専従者で旅行や忘年会は、家族旅行や家族での食事になるので、経費になりません。

 

たまに、お客さんで家族旅行を経費にしようとする方がいます。

旅行は、金額が大きくなるので、経費に入れたくなってしまうんですよね。

でも、家族旅行になってしまうので、経費にはできません。

取引先に買ったお土産は、経費になりますので、お土産を買ってください。

個人事業主の飲食代は経費になるのか?を解説のまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

個人事業主の飲食代は経費になるのか?を解説!のまとめ
個人事業主の飲食代は経費になるのか?を解説!
  • 仕事に関連する人と一緒に食べた場合⇒経費になる
  • 自分だけや専従者・家族と食べた場合⇒経費にならない
  • 領収書やレシートの裏側に取引先名や人数を書こう

個人事業主の飲食代について書いて見ました。

仕事に関連するかどうかがポイントとなります。

 

最近は、パソコンが欲しくてずっと見ています。

今使っているパソコンは、HPですが、DELLにしようかと思っています。

色々考えたのですが、だんだん面倒になってきて、良さそうなの買えばいいやって思うようになりました。

壊れるときは壊れますからね。

55日記(1312)

子供ってうまい肉の味がわかるんですね。

柔らかい牛肉をパクパク食べてました。

66日記(539)

子供ってうまい肉の味がわかるんですね。

柔らかい牛肉をパクパク食べてました。

仕訳・経理処理会計
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所