黒字倒産?利益があってもお金が足りなくなる理由を解説!

仕訳・経理処理
スポンサーリンク

黒字倒産って知っていますか?

利益が出ているのに倒産してしまうことです。

かしわざき
かしわざき

誕生日週間(誕生日が近いので酒を飲むという謎の週間)が終わり、すこしがっかりな税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

この記事には、利益=お金じゃない・お金がなくなる出来事などを書いています。

この記事を読んで、お金が無くなることを防いでください。

そもそも利益=お金じゃない

利益=お金じゃありません。

なぜなら、売上や経費が発生するときと、お金が入ってくるときのタイミングが違うからです。

決算などをやると、お客さんに今回の利益は100万だけど、お金が100万円ないじゃない?って言われることがあります。

利益=おかなじゃない理由は、次の図で確認してみましょう。

売上の流れですが、仕事をする⇒請求をする⇒入金するという流れになっているはずです。

だいたいの会社は、仕事をして月末になったので請求書を書いて、翌月又は翌々月に入金すると思います。

請求書を発行する時に売上を計上すると、入金するのは翌月又は翌々月なってしまうので、売上と入金がズレて行きます。

仕事をしてもらうときや仕入れのときも同じようなことが起きます。

図で解説していきます。

外注などに仕事をしてもらう場合は、仕事をしてもらう⇒請求書が来る⇒支払うという流れになります。

仕事をしてもらって、請求書が来たら、翌月や翌々月などに支払うと思います。

請求書が来た時に外注費として経費計上して、請求書が来た月の翌月又は翌々月に支払いをするので、経費と支払がズレて行きます。

このような感じで、売上と入金・経費と支払いがズレますので、それが利益=お金になって来ない理由となります。

お金=利益ではありません。

お金がなくなる出来事の例3つー黒字倒産?

会社がずっと続くためには、お金が必要となります。

でも、利益が出ていてもお金がなくなってしまうことがあります。

お金がなくなってしまう例として、次の3つを説明したいと思います。

  • 大きな仕事があった時
  • 在庫をいっぱい仕入れた時
  • 回収不能の売掛金がある時

各項目について、説明したいと思います。

大きな仕事があった時

大きな仕事をあった時は、お金が不足してしまう可能性があります。

なぜなら、お金の入金と出金にズレ生じるかもしれないからです。

例)

毎月の売上の平均が500万円で、仕入れの平均が300万円の会社がありました。

この会社に売上2,000万円で3か月後の月末に入金の仕事があったとします。

仕入れ金額は、1,500万円で翌月の末日払いとなります。

この状況を図にすると、次の様になります。

売上と仕入れは、同じ月に発生します。

売上2,000万円で仕入れは1,500万円です。

粗利益は、売上2,000万円―仕入れ1,500万円=500万円です。

仕入れた翌月の末日に1,500万円が、出ていってしまうので、入金2,000万円があるまでの期間は資金繰りが厳しくなります。

現金が会社に残っていれば良いのですが、毎月の平均売上が500万円で毎月の平均仕入れが300万円だと、手元に残るのは毎月200万円となります。

そこから人件費や家賃などを払っていかなければいけません。

大きな仕事が取れた場合や売上が突然増えた会社に多く見られます。

大きな仕事がある時は、大きな支払いが隠れていると考えて、銀行借入れなどを活用しましょう。

在庫をいっぱい仕入れた時

在庫をいっぱい仕入れた時もお金が不足しがちです。

なぜなら、在庫を多く仕入れるということは、在庫を売らなければお金に変わらないからです。

お金の流れは、お金⇒在庫⇒お金となっていきます。

詳しく書くと、商品を買うためのお金⇒商品を買って在庫⇒商品を売ったお金の流れです。

図にして説明していきたいと思います。

在庫をいっぱい仕入れても、その在庫が売れなければお金にならないのです。

でも、在庫を購入した時の支払いは会社から出ていくため、お金が厳しくなります。

在庫を多くすると、お金が厳しくなることを考えましょう。

回収不能の売掛金がある時

回収不能の売掛金がある時も、お金が厳しくなります。

なぜなら、その売上をあげるためにかかっている経費は支払うけども、お金が入って来ないからです。

でも、こればかりは気をつけましょうと書いても、気をつけられるものでありません。

よくある話ですが、期日に払ってくれない取引先とは、取引を考えた方が良いと思います

払えるお金がある場合は、キチンと払ってくれるからです。

払ってもらえないということは、お金が足りなくなっているということです。

   

回収不能の売掛金は、どこの業種でもあります。

もちろん、会計事務所でも払ってもらえないことはあります。

お客さんで回収不能の売掛金が発生した方に、「うちもあるんですよ」などと言うと驚かれます。

会計事務所だから必ず払ってもらえるってことはありません。

黒字倒産?利益があってもお金が足りなくなる理由を解説!のまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

黒字倒産?利益があってもお金が足りなくなる理由を解説!のまとめ
黒字倒産?利益があってもお金が足りなくなる理由を解説!のまとめ
  • 利益=お金じゃない
  • 大きな仕事があった時、在庫を多く持った時、回収不能の売掛金があった時などは、お金が厳しくなるので注意

55日記(1123)

最近、おさるのジョージにハマっていて、毎日見ています。

アンパンマンは、そろそろ卒業かな?

66日記(350)

つかまり立ちからの手を離してバランスを取ったりしています。

あるき始めるのも近いかな?

仕訳・経理処理会計
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所