お金はどのくらい持っていたほうが良いの?

未分類
スポンサーリンク
この記事でわかること

お金は、売上の3ヶ月分もつ、それが出来たら6か月分を目指せ

かしわざき
かしわざき

ヨックモックのお菓子も好きな税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

お金をどのくらい持っていたほうが良いのか悩んでいませんか?

この記事を読んで、お金がどのくらい必要かを確認しましょう。

お金はどのくらい持っていたほうが良いの?

お金はどのくらい持っていたほうが良いの?と質問されたら、

  • 最低でも売上の3か月分

と答えています。

そこがクリアできた場合は、売上の6か月分とお答えします。

別の考え方があるとすれば、

  • 固定費の6か月分

です。

 

どちらでも良いので、お金を多く会社に残しましょう。

固定費とは?

固定費とは、会社の売上に関係なく支払いがでる費用のことです。

例えば、

  • 役員報酬や給料などの人件費
  • 事務所のなどの家賃
  • 通信費
  • リース料
  • 水道光熱費など

です。

減価償却費も固定費となりますが、お金がでていく経費ではないので、資金繰りの考えからは除きます。

資金繰りの固定費には、借入返済も入れましょう。

費用ではありませんが、月々の返済はお金が出ていくからです。

 

固定費の対するものとして、変動費があります。

変動費は、売上に対応するもので、商品の仕入れや外注費などが該当します。

 

会社の固定費を計算して、6ヶ月分を確保しましょう。

お金はどうやって確保するの?

お金は、利益から確保したいです。

でも、利益からコツコツ確保するのには、時間がかかります。

そこで、銀行からの融資を受けて、お金を確保します。

 

銀行の融資を受けて、お金がない期間を少なくしましょう。

お金をかりるのを怖がらないようにしよう

よく無借金経営といいますが、良いかどうかはわかりません。

なぜなら、無借金経営にもデメリットがあります。

無借金経営のデメリットは、

  • すぐに銀行が貸してくれない

ということです。

銀行から借り入れがない会社は、実績がないのでお金を貸してくれません。

いざという時にお金を貸して欲しい場合は、銀行から借りておく必要があります。 

借金じゃないけど借金みたいなものがある

借金じゃないけど、借金みたいなものがあります。

それは、

  • 買掛金
  • 未払金

です。

買掛金は、材料や商品などを購入して、後払いするときに使う勘定科目です。

未払金は、自動車などをローンで購入して、後払いするときに使う勘定科目です。

この2つの勘定科目は、後払いを意味しています。

 

買掛金や未払金は、商品や車を買ったときには、借金しているのと同じです。

と考えられれば、借金も怖くなくなるんじゃないでしょうか。

 

借金は、悪ではありません。

お金はいっぱいあった方が良い

お金は、いっぱいあった方が良いです。

なぜなら、お金がいっぱいある会社が生き残っていくからです。

近年の新型コロナウイルスの影響も大きかったですが、お金がある会社が生き残っていきます。

本などを読むと、「お金がある会社は投資に使っていないため問題だ」と書いてある場合があります。

でも、上場している大企業の場合はそうですが、中小企業は関係ありません。

お金はあるだけあった方が良いです。

危険は、突然やってくる

危険は、突然やってきます。

最近の30年くらいだと、

  • 阪神淡路大震災
  • リーマン・ショック
  • 東日本大震災
  • 新型コロナウイルス

です。

誰にも予想が出来ないような、起こっています。

そんな中で、生き残っていくには、お金が必要となります。

お金はどのくらい持っていたほうが良いの?のまとめ

見出し
  • お金は、売上の3か月分
  • 3ヶ月分の次は6か月分
  • 固定費の6か月分という考え方もある

 

編集後記

昨日、友達と飲みに行きました。

自分の性格なんでしょうが、お酒を飲むと気が大きくなります。

気が大きくなって、ドンドンお酒を飲んでしまいます。

そして、次の日に後悔するというのが多いです。

 

気が大きくなって、人に絡むというのはないのですが、なんか「まだ飲める」みたいな気分になってしまいます。

「お酒外で飲むときは控える」となんかい言ったでしょうか。

そろそろ、有言実行したいです。

 

55日記(1457)

パウパトロール・ザ・ムービーを1日で3回みました。

パウパトロールが本当に好きです。

 

66日記(684)

服を脱ぐと裸で、笑顔になって走り回ります。

とても楽しそうです。       

未分類資金繰り
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
柏嵜税務会計事務所