医療費控除ってどんなしくみ?

所得税
スポンサーリンク

確定申告で医療費控除をする!と思っている方も多いと思います。

実際に確定申告すると、「これだけしか戻ってこないの?」と思う方も多いです。

 

医療費控除は、税金が減りますが、10万円を超えて分の税金が減るわけではないのです。

10万円を超えた金額に税率をかけた金額が、減ることになります。

 

医療費が戻ってくると思っている方もいらっしゃると思いますが、医療費は戻ってこないのです。

今回は、医療費控除について書いていきます。

スポンサーリンク

医療費控除ってどんなしくみ?

医療費控除は、税金の控除ではなく、所得控除となります。

そのため、医療費控除は、10万円を超えた金額に税率をかけた金額が、税金が減る金額となります。

 

医療費控除の計算式は、

医療費控除対象額=実際に払った医療費の金額△保険などで補填される金額△10万円

この医療費控除対象額に税金の率をかけて、還付金額が決まります。

 

10万円については、必ず10万円ではなくて、医療費控除を受けようとする年の総所得金額に、5%をかけた金額となります。

その総所得金額に5%をかけた金額が、10万円を超える場合は、10万円となります。

給料だけもらっている人は、年収が300万円以上だと10万円となります。

 

例えば、医療費が13万円で税率が5%だったとします。

13万円△10万円=3万円(医療費控除対象額)

3万円×5%=1,500円となり、1,500円が還付となります。

 

思ったよりも医療費控除というのは、もどってくる金額が少ないです。

たまに、医療費控除は、医療費が帰ってくると思っている方が、いらっしゃいます。

 

医療費控除は、医療費が帰って来るのではないのです。

医療費控除は、医療費から色々控除をして、税率をかけて戻ってくる金額を計算します。

税金は引かれているのか?

会社員の方は良いとして、年金収入の方でよくある勘違いは、税金が引かれているかどうかです。

よく、医療費控除を受けようと、確定申告の無料相談に来る方がいらっしゃいます。

 

医療費が戻ってくると思っていて、確定申告しようとしていると思うのですが、確定申告の医療費控除は、税金が戻ってくる申告です。

年金から税金が引かれていない場合は、医療費が10万円を超えていても、確定申告をしても戻ってきません。

 

年金の源泉徴収票の中に、源泉徴収税額という欄がありますので、確認しましょう。

この源泉徴収税額の欄が0円になっている場合は、確定申告をしても税金は戻ってこないので、注意しましょう。

医療費控除ってどんなしくみのまとめ

医療費控除は、思ったよりも税金が戻ってきません。

国税庁の確定申告書等作成コーナーでやって、還付金額が少なくて驚く方も多いようです。

 

医療費控除は、

  • 医療費の還付ではありません
  • 税金の控除ではありません
  • 所得控除です

ご注意ください。

 

編集後記(1395)

なんかよくわからないのですが、プリン体を気にして、ハイボールを飲むことにしました。

炭酸水をたくさん買ってきたのですが、けっこう場所をとります。

 

55日記(1725)

工作したいというので、長女と工作の本を買いに行きました。

さっそく、はさみとノリを使って、作っていました。

けっこう、うまく作れています。

 

66日記(952)

部屋で走っていたら、カーペットに足が引っかかって、転んでテーブルに口を打ちつけました。

かなり、痛かったと思います。

部屋は、走らないようにしよう。

 

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所