子供にとっての私の実家

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

子供にとっての私の実家は、自由に遊べる場所です。

私の実家は、戸建てなので特に注意する必要がありません。

 

子供たちに「なにがしたい?」と聞くと、「ジャンプしたい」とか「走り回りたい」と答えます。

私の家は賃貸なので、家でジャンプや走り回ることができないのです。

 

外に散歩に行けば、田んぼや畑があって、色々なことを知ることができます。

散歩していると、近くの人がお花をくれたりします。

距離感が近いことが田舎の良いところじゃないでしょうか。

 

実家から車でちょっと行くと、馬やヤギにエサをあげることができる公園があります。

そこも、子どもたちのお気に入りの公園です。

 

実家に行く前に私の母に電話で、「お馬さんにエサあげるから、にんじんの皮とキャベツ用意しておいて」と言っています。

ちなみに、にんじんとキャベツは、ヤギにあげます。

馬には、公園で用意されている、干し草をあげます。

 

両親の実家が隣町で、農家をやっているので、ビニールハウスなどを見せたいのですが、車酔いがひどいので、行けていません。

5歳になれば、もう少し効き目のある酔どめが飲めて、行けるかもしれません。

そうすれば、もうちょっと私の実家を楽しめるかもしれません。

 

大きくなれば、田舎なんて面白くないと思ってしまいます。

いつまで喜んで帰ってくれるかわかりませんが、楽しんでくれるまで、一緒にいこうと思います。

スポンサーリンク

子供にとっての私の実家はどんなところ?

私の実家は群馬県館林市にあります。

夏は、とにかく暑いです。

冬は、北風が吹いて寒いです。

東京都比べると、東京より夏は暑く、冬は寒いという感じです。

雪は、ほとんど降りません。

 

有名かどうかは知りませんが、うどんが美味しいです。

知り合いにあげたりすると、喜ばれます。

 

そんな小さな地方の町です。

子供にとっての私の実家のまとめ

最近、群馬の実家に行ったので、書いてみました。

最近は、お店も少なくなって来て、だんだんと寂しくなってきています。

 

編集後記(1268)

台風情報をネットで確認すると、数時間で雨から曇りになったり、曇から雨になったりしています。

だんだん、見るのが面倒になりました。

 

55日記(1598)

次女にご飯を食べさせていました。

初めて見ましたが、きれいに食べさせていました。

 

66日記(825)

肉が好きなんですけど、ハンバーグは食べませんでした。

でも、粉吹きいもは、人のものを奪って食べていました。

 

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所