リュックを小さくして荷物を減らそう

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

リュックを小さくしたことで、荷物を減らせました。

使っているリュックは、ノースフェイスのシャトルデイパックスリムです。

 

荷物を減らそうと、強制的に小さいのを買ったのですが、良かったです。

今回は、こんな内容の話を書こうと思います。

スポンサーリンク

リュックを小さくして荷物を減らそう

仕事用のリュックは、ノースフェイスのシャトルデイパックスリムを使っています。

荷物があまり入らないので、気に入っています。

 

なぜ荷物が入らないので気に入っているかというと、資料を持ち帰らないようになるからです。

リュックに入らないので、資料をデータにしるしかありません。

 

他に手で持って帰ると、無くしてしまう可能性がありますので、なるべく写真などに撮って済ませています。

購入するときに、シャトルデイパックとシャトルデイパックスリムの2つがありました。

 

大きい方を買ってしまうと、資料を入れられるので、資料を入れられないように小さい方を購入しました。

無理やり小さくすれば、資料ばっかり持っていた自分も変われるかな?とか思っていましたが、変われました。

 

強制的に減らすとことをすれば、モノも減っていきます。

 

以前は、荷物が多かった

昔は、荷物が多かったです。

なぜなら、どれが万全の体制を整えようと思っていたからです。

 

1番思い出すのが、税理士試験のときです。

税理士試験のときは、教科書などを全部持っていっていました。

 

使うかどうかわからないのに。

それだけ、心配性というか、無計画だったのです。

 

とにかく、全部あれば心配なしと思っていました。

でも、荷物が多くて肩がつらい。

 

カバンもすぐに壊れるという悩みもありました。

今は、リュックを小さくすることで、コンパクトになりました。

 

ちなみに、今の勉強法は、iPadに教科書をPDFに入れるみたいです。

便利になりましたよね。

リュックを小さくしたデメリット

リュックを小さくしたデメリットは、モノが入らないということです。

矛盾していますが、モノが入らないのがデメリットです笑

 

季節の変わり目に、服を1枚いれたいというときも、入りません。

シャトルデイパックスリムは、ペットボトルのお茶が、リュックの両脇に入りません。

 

そのため入らないものは、ずっと手で持っています。

私は、めちゃめちゃ不便と感じないので、今も使っています。

リュックを小さくして荷物を減らそうのまとめ

強制的に小さくすれば、荷物が減るという単純な考え方からですが、成功しています。

荷物を減らしたい方は、やってみてください。

 

編集後記(1270)

台風で天気が変わりやすく、しかも蒸し暑かったです。

大変な3連休でした。

 

55日記(1600)

お馬さんにエサをあげに行こうとしたら、突然土砂降りの雨が降ってきました。

とても、残念そうでした。

 

66日記(827)

電車が暑かったので、駅でソフトクリームを食べました。

最後まで食べ切り満足そうでした。

 

 

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所