個人事業主と法人の違いは、給料です!

所得税
スポンサーリンク

個人事業主と法人の違いですが、1番大きな違いは、給料が取れるかどうかだと思っています。

個人事業主は、生活費が給料になりませんが、法人は給料(役員報酬)になる。

給料になるということは、経費になるということです。

 

法人にする理由は、信用などもありますが、給料が経費になることも大きいと思います。

そして、給料には、さらに給与所得控除というものがあります。

 

今回は、給料(役員報酬)について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

個人事業主と法人の違いは、給料です!

個人事業主と法人の1番の違いは、給料が取れるかどうかです。

なぜなら、個人事業主は、給料が取れないからです。

それに対して、法人は給料(役員報酬)を取ることができます。

ここが、大きな違いです。

 

個人事業主の利益の計算は、ざっくり書くと、収入から経費を引いて、差額が利益となります。

法人の利益計算は、ざっくり書くと、収入から経費を引いて、給料を引いて、差額が利益となるのです。

 

法人にすると、給料が経費になります。

ここが、個人事業主と違うところです。

 

しかも、給料には、給与所得控除という控除があります。

この給与所得控除は、もらった給料の全部に、税金がかからないようにするための、一定の控除になります。

 

つまり、法人にすると、給料が経費になって、その給料にも控除があるのです。

個人事業主にも、青色申告特別控除がありますが、最低10万円最高65万円となります。

給料の控除である給与所得控除は、最低で55万円なので、個人事業主とあまりかわりません。

 

個人事業主と法人ですが、1番大きい違いは、給料が取れるかどうかです。

そして、給料には控除があるので、税金からみると、控除が増えるので、税金は減っていきます。

個人事業主と法人の違いは、給料です!のまとめ

個人事業主と法人には、他にも違う点があります。

  • 社宅ができる
  • 出張旅費

などです。

 

大きく違うと思いまして、給料(役員報酬)について、書いてみました。

編集後記(1291)

3連休最終日は、ダラダラすごしました。

ちょっと、刺激を受けたこともあるので、これからやっていきたいです。

 

55日記(1621)

5時前に起きてきて、テレビ見たいと泣いていました。

さすがに、5時前からはテレビは見させられません。 

 

66日記(848)

ちょっと、自転車でウロウロしました。

短かったのですが、楽しんでくれたようです。

  

所得税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所