消費税ー売上1,000万円超えたけどいつの分を納税するの?

会計処理
スポンサーリンク
この記事でわかること

消費税は、1,000万円を超えた時の分を払うのではありません。

1,000万円を超えた翌々年又は翌々事業年度に発生した分を払います。

売上が1,000万円超えた時の消費税っていつ払うんだろうと悩んでいませんか?

かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

消費税は、売上が1,000万円超えた時の分の消費税を支払うのではありません。

  • 個人事業主の場合は、1,000万円超えた年の翌々年の内容で消費税を支払う
  • 法人は、1,000万円を超えた事業年度の翌々事業年の内容で消費税を支払う

この記事を読むと、消費税はいつの分を払うのかが、理解できますよ。

消費税は、翌々年分又は翌々事業年度の分を払う

消費税は、

  • 個人事業主⇒売上が1,000万円を超えた年の翌々年
  • 法人⇒売上が1,000万円を超えた期の翌々期

となります。

しかも、1,000万円を超えた時の消費税を納税するのではありません。

  • 個人事業主⇒売上が1,000万円を超えた年の翌々年の内容
  • 法人⇒売上が1,000万円を超えた期の翌々期の内容

によって支払います。

売上が1,000万円超えたのは消費税の納税しなきゃいけないスイッチが入ったと思ってください。

個人事業主の場合はスイッチが入った年の翌々年、法人の場合はスイッチが入った翌々期に納税が始まります。

※この状況以外に消費税が課税される場合があります。詳しくは、税理士などにご相談ください

売上が1,000万円以下になったらいつから消費税は払わなくてよいの?

売上1,000万円以下になったら、

  • 個人事業主の場合⇒1,000万円以下になった年の翌々年
  • 法人の場合⇒1,000万円以下になった期の翌々期

から納税がなくなります。

消費税は、

  • 個人事業主⇒前々年の売上がどうなのか?
  • 法人⇒前々期の売上がどうなのか?

が重要になります。

消費税ー売上1,000万円超えたけどいつの分を納税するの?まとめ

最後にもう1度確認しましょう。

消費税ー売上1,000万円超えたけどいつの分を納税するの?のまとめ
消費税ー売上1,000万円超えたけどいつの分を納税するの?のまとめ
  • 個人事業主は、1,000万円を超えた年の翌々年に消費税を支払う
  • 法人は、1,000万円を超えた期の翌々期に消費税を支払う
  • 消費税の納税金額は、消費税を払う年や消費税を払う期の仕事の内容で決まる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

会計処理消費税
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所