4年落ちの中古車を購入して節税する方法を解説します!

会計
スポンサーリンク
この記事でわかること

4年落ちの中古車を購入すると、はやく経費にできる

中古車を購入して、節税をしようかな?と思っていませんか。

かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

この記事では、4年落ちの中古車を購入して節税する方法を説明しています。

この記事を読んで、節税のイメージをつかんでください。  

※この記事はわかりやすくするために、ざっくりとしていて算式とかはあまり出てきません。

4年落ちの中古車を購入して節税する方法を解説

4年落ちの中古車を購入すると、節税できます。

なぜなら、中古車の購入代金が、購入した期の経費なってしまうからです。

車は、減価償却という方法で購入金額を経費にしていきます。

新車で車を購入すると購入金額を6年で経費にしていきますが、中古車は前のオーナーが使っていたため、新車よりも早く経費することができます。

最初のオーナーから登録が4年以上過ぎていると、購入した期に経費することができるのです。

実際に、

  • 中古車を購入した場合
  • 新車を購入した場合

の違いを300万円を車を購入したとして確認していきましょう。

中古車を購入した場合

300万円の中古車を購入した場合の購入した期の経費は、300万円となります。

なぜなら、1年で経費にしても良いという事になっています。

計算式は次の通りとなります。

  • 300万円×1.00(耐用年数2年)=300万円(※)

(※)本当は、2,999,999円です。

わかりやすくするため、300万円としています。

新車を購入した場合

300万円の新車を購入した場合の購入した期の経費は、999,000円となります。

なぜなら、6年で経費にしなさいというルールになっているからです。

計算式は、

  • 3,000,000×0.333(耐用年数6年)=999,000円

中古車と新車の比較

中古車と新車を比較します。

中古車新車
購入金額300万円3万円円
経費になる金額300万円99万9千円

中古車は、購入した期に最大で300万円を経費にできますが、新車の場合は、99万9千円となります。

4年落ちの中古車を購入するメリットは、購入した期に経費が多く取れることです。

  

中古車と新車の違いは、

  • 中古車 早く経費になる
  • 新車  遅く経費になる

となりトータルの金額300万円は変わりません。

中古車を購入るするタイミングっていつが節税に効果的なのか?

中古車を購入(※)するタイミングは、期首に近いほど経費が多くなります。

なぜなら、中古車は、車が来て使い始めたら経費になります。

上で最大で300万円経費になると書きましたが、期首に近いほど300万円の経費になるのです。

実際に金額を使って確認したいと思います。

※購入=購入+使い始める

中古車の購入のタイミング

  • 4月~3月の事業年度
  • 300万円の中古車で
  • 4年落ち(耐用年数2年)
購入した月4月5月6月7月8月9月
経費になる金額300万円275万円250万円225万円200万円175万円
購入した月10月11月12月1月2月3月
経費になる金額150万円125万円100万円75万円50万円25万円
300万円の中古車をいつ購入するといくになるのか?の表

4月に近いほど経費は多くなって、3月に近いほど経費は少なくなります。

経費にするには、月単位となります。

中古車を4月10日に購入しても4月30日に購入しても、同じ金額が経費になります。

でも、4月30日に購入するのと5月1日に購入するのは金額が変わります。

 

経費になる金額を確認したい方は、カシオのke!san生活や実務に役立つ計算サイトを確認してみてください。

結構いいサイトです。

中古車を購入すると消費税も節税になるのか?

中古車を購入すると消費税も節税になります。

でも、

  • 原則課税の場合は、節税になる
  • 簡易課税の場合は、節税にならない

なぜなら、消費税の課税方法は原則課税と簡易課税と課税方法の仕組みが違うからです。

原則課税と簡易課税の違いを説明していきます。

原則課税の場合

原則課税の場合の消費税の計算方法は、もらった消費税と支払った消費税の差額を、納税します。

その中古車を購入するときに支払った消費税を、もらった消費税から控除することが出来ます。

簡易課税の場合

簡易課税の場合の消費税の計算方法は、もらった消費税にみなし仕入率をかけて消費税を計算します。

支払った消費税は無視してしまうので、中古車を購入してもしなくても、消費税の計算には影響しません。

 

☆☆☆関連記事☆☆☆

消費税の原則課税と簡易課税の違いをくわしく解説

中古車を購入すれば節税できるがお金も減る

当たり前の話ですが、中古車を買えば税金も減りますが、お金も減ります。

税金を減らすためだけのために中古車を購入することは、おススメできません。

なぜなら、税金は利益の30%~40%くらいだからです。

300万円の中古車を買えば、税金は90万円くらい減りますが、お金は300万円減ります。

 

節税として中古車を購入するのは良いですが、税金以上にお金が減ってしまうことも意識しましょう。

4年落ちの中古車を購入して節税する方法を解説します!のまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

4年落ちの中古車を購入して節税する方法を解説します!のまとめ
4年落ちの中古車を購入して節税する方法を解説します!のまとめ
  • 4年落ちの中古車は、購入金額が経費になる可能性がある
  • 中古車の購入時期は、期首に近いほど大きい
  • 消費税が原則課税の場合は、消費税の納税が減る

中古車でも車を買うって嬉しいですよね。

私も会社員時代スカイラインとMR2を乗っていました。

スカイラインは、スピードを出すとエンジンからカラカラ音がして、壊れそうな車でした。

懐かしいです。

新車でも中古車でも、年数経てば最終的には経費になりますので、じっくり考えて購入してもらえたら良いと思います。

 

会計減価償却
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所