経費の無駄使いを探してみよう

仕訳・経理処理
スポンサーリンク
この記事でわかること

経費の無駄使いの探し方

かしわざき
かしわざき

暑いので最近麺類が多い税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

経費の無駄使いを探そうと思っていませんか?

この記事では、経費の無駄使いについて、書いています。

この記事を読んで、経費の無駄使いについて、確認してみましょう。

スポンサーリンク

経費の無駄使いを探してみよう

経費の無駄使いは、

  • 売上が増加したとき
  • 多額の税金が発生しそうなとき
  • 事業の内容がつかめなくなったとき

に起こります。

なぜなら、変化があって、いろいろ混乱してしまうからです。

各項目について、確認してみましょう。

売上が増加したとき

売上が増加した時は、経費が増えます。

そして、それに伴って無駄な経費が増える可能性があります。

なぜなら、売上に目が向いてしまい、無駄遣いのことを忘れてしまうからです。

売上が上がってるし、まっいっか、これ買っちゃおう、などと思ったことはありませんか?

この考えが無駄使いを増やしてしまいます。

 

さらに、

  • 在庫を増やす
  • 人を増やす
  • 設備を増やす

などです。

全部が全部無駄使いとはいいませんが、計画的に行いましょう。

もしかしたら、1時的に売上が増加しているだけかもしれません。

 

売上が増加している時は、無駄使い以外に

  • 利益が増えているのか?
  • 入金がちゃんとあるのか?

も考えてみましょう。

売上が上がっているだけで、利益が上がっていなければ、経費として吸収できません。

入金がなければ、使えるお金にも制限が出てきます。

 

売上が上がっているは、チャンスでもありピンチになります。

売上が上がっているからと言って、無駄使いは止めましょう。

設備投資や雇用は、計画してから行いましょう。

多額の税金が発生しそうなとき

多額の税金が発生しそうな時は、無駄使いが増えてしまいます。

なぜなら、税金払うなら何か買っちゃおうかな?と思う方が多いのです。

それが、必要なものだけど、我慢していた場合などは、良いと思います。

でも、税金を払う代わりに、経費を使うのは止めましょう。

 

会社の場合は、使った金額の約30%くらいしか減りません。

そのため、お金を使っても税金を減らす効果は、効果はあまりないのです。

例えば、100万円の税金を0にする場合は、約350万円くらい使わなければいけません。

そこまでする人はいないでしょうけども、税金を少なくするということは、お金を減らすということです。

 

個人的には、使っちゃいけないとは思っていません。

事業に必要なもので、欲しいモノがあったり、手の届かなかったモノがあって、買えるチャンスがある場合は、買った方が良いと思います。

でも、税金を減らすために、無駄使いをするのは、賛成できないだけです。

 

税金を減らすために、無駄使いをすることは、止めましょう。

でも、ちょっとくらい使うのは、よくわかります。

私もやっちゃいますから。

事業の内容がつかめなくなったとき

事業の内容がつかめなくなった時は、無駄使いが出てきやすいです。

なぜなら、なんとなく利益が把握できていたのに、利益が把握できなくなった場合です。

たとえば、今まで自分で経理をやっていたのに、経理の人を雇って、任せてしまう場合などです。

自分だけで処理をしていた時は、利益や無駄使いが把握できていたのに、人に任せて把握できなくなった時に出てきます。

 

自分で会計ソフトに入力したりしていた時は、こんな経費も使っていると感じることもあると思います。

人がやったものを確認する場合は、利益だけを確認して終わりって感じになっていませんか?

 

税理士や会計事務所が持ってきた試算表を見て、「おっ、利益が出てる」と思って終わりではもったいないです。

自分が思っている経費や金額と違う場合は、税理士や会計事務所に質問してみてください。

そこから、無駄使いが発見できるかもしれません。

 

人に任せる場合は、特に資料は確認したほうが良いと思います。

会計事務所に経理を丸投げしている場合も、利益以外の部分を確認しましょう。

そこに、ヒントがあるはずです。

 

経費の無駄使いは、税理士ではわからない

経費の無駄使いを税理士に確認しても、税理士ではわかりません。

なぜなら、その経費が本当に必要なのか無駄使いなのか、判断できないからです。

例えば、税理士が、交際費が多いと指摘したとします。

でも、交際費を使うことで仕事がもらえる場合は、無駄使いにならないからです。

交際費の金額が多いというのは、試算表や決算書を見れば確認できます。

金額が多い=無駄使いにはなりません。

 

よかったら、税理士と一緒に無駄使いを探して見るのはどうでしょうか?

税理士だからというよりは、「使っていないなら、やめたらどうですか?」などの、第3者としての意見を言えるかもしれません。

 

自分で確認する場合は、毎月や半年に1度

  • 通帳やカードでなにを払っているかを確認する

してみましょう。

通帳やカードの支払が、なんであるかちゃんと答えられるようにすることです。

通帳には、オリコやジャックスなどの信販会社の名前が出てきたりして、内容がよくわからない場合があります。

この支払を、確認して不要なものがないかを確認しましょう。

 

税理士は、金額が多い少ないはわかっても、無駄使いはわかりません。

自分で確認することが重要です。

税理士と一緒に無駄遣いを探すのも、オススメです。

自分で確認する場合は、通帳やカードでなにを支払っているかを確認しましょう。

経費の無駄使いを探してみようのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • 売上が増加したとき
  • 多額の税金が発生しそうなとき
  • 事業の内容がつかめなくなったとき

 

編集後記

経費の無駄使いについて、書いてみました。

ムダかどうかは、社長にしかわからないと思います。

通帳とにらめっこしましょう。

 

昨日は、娘が熱をだして、1日中お留守番でした。

本を読んで過ごしました。

積読解消です。

 

55日記(1544)

日曜日の夜から熱が出て、2日目になります。

新型コロナではないので、良かったです。

 

66日記(771)

長女に熱が出たので、次女も保育園を2日間休みです。

だんだんやることがなくなって来るので、大変です。

 

 

仕訳・経理処理会計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所