なにが良いですか?と聞いてみる

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

お客様に「なにが良いですか?」と聞いてみます。

それが、1番良いものかもしれないからです。

こちらが提供している資料などは、興味ないかもしれません。

興味を持ってもらうには、「なにが良いですか?」が必要なんだと思います。

スポンサーリンク

なにが良いですか?と聞いてみる

お客様と打ち合わせをするのですが、「なにが良いですか?」と聞くようにしています。

なぜなら、こちらの考えているものとお客様の考えているものが、違っているかもしれないからです。

会計事務所が、打ち合わせで使う書類なんかもその1つです。

 

例えば、

  • 試算表がいい
  • 月次損益計算書がいい
  • グラフがいい
  • ブロックパズルがいい
  • 手書きがいいい

などご要望があるかもしれません。

 

でも、いつもこれを使っているから、これにすると言うのはちょっと違うかもしれません。

お客様のわかりやすい書類というのは、お客様自身がもっています。

 

提供する会計事務所側ではわかりません。

説明が上手ければ、いつもの書類でも問題ないのでしょうが、なかなかうまくは行きません。

 

そんなときは、「どんな資料がほしいですか?」と聞くのが、1番簡単なんじゃないかと思います。

私は、簡単とかラクとか好きなので、聞いちゃったほうが早いと思っています。

 

会社を設立したばかりのときは、こちらで用意したものをお伝えすることが多いです。

でも、何年かやれば、聞きたいことが変わって来ます。

 

先日の打ち合わせででてきたのが、過去の売上の比較はいらいないというものでした。

過去の売上と比較して・・・と報告していたのですが、過去を比較してもしかたないということです。

 

それも良いかもしれません。

他に必要なものがあれば、それにフォーカスするのが1番です。

 

わかりやすい資料を作ることに工夫するのも必要ですが、相手が望んでいてわかりやすかったら、お客様も喜んでくれます。

それが1番じゃないでしょうか。

なにが良いですか?と聞いてみるのまとめ

知りたいことは、人によって違います。

人の心を探るより、聞いたほうが早いかもしれません。

それに、それが1番ラクなのです。

 

編集後記(1358)

税制改正大綱が発表されました。

まだ読んでないので、あとで読んでみようと思います。

 

55日記(1688)

今日は、保育園で年末子供会があります。

「ねこのピートとカスタネットやるんだよ」と言っていました。

 

66日記(915)

1人で2つりんごを食べるのですが、自分の分は必ず1個手に確保してから、もう1つを食べます。

なかなか見てて面白いです。

 

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所