世界最大の祭典ワールドカップが終わる

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク

世界最大の祭典ワールドカップが、アルゼンチンの優勝で終わりました。

約1ヶ月の戦いでしたが、楽しく見ることができました。

 

今回のワールドカップを見て思ったのは、

  • 日本代表の決勝トーナメント進出
  • ボールやその他のテクノロジーの進化
  • アルゼンチンの優勝

でした。

スポンサーリンク

世界最大の祭典ワールドカップが終わるー日本代表の決勝トーナメント進出―

何人の人が日本代表の決勝トーナメント進出を予想していたのでしょうか?

私も予選敗退だと思っていました。

 

日本代表が過去の優勝国のドイツとスペインに勝つ日が来るとは、思っていませんでした。

これが今回のワールドカップの最大の話なんじゃないかと思います。

 

日本代表が戦っている試合を見ながら、「これ、勝つんじゃない?」と思ったときからのハラハラドキドキ感は、本当に楽しかったです。

早朝にサッカーを見ながら、「早く終われ~」なんて思うことなんて、そんなに無いからです。

 

本当に日本代表には、楽しませてもらいました。

 

他にサプライズというわけではありませんが、特にアジアに目を向ければ、

  • 日本
  • 韓国
  • オーストラリア

が決勝トーナメントに進出しているので、アジアの躍進ということです。

※オーストラリアは、サッカーではアジア枠なのです。

 

アジアの選手がヨーロッパのチームに選手として出ているので、力がついて来たんじゃないかと思います。

日本代表がベスト8に入れませんでしたが、ベスト16という好結果で終わったことは、素晴らしいと思います。

世界最大の祭典ワールドカップが終わるーボールやその他のテクノロジーの進化―

三笘の1ミリに代表されるように、テクノロジーの進化は素晴らしいです。

写真を見て、ボールが外に出ていないと検証できたりするのですから。

 

もしかして、この1ミリがなければ、テクノロジーの進化が世の中にでて来なかったかもしれません。

誤審も少なくなるでしょうし、いい方向へむかっていると感じました。

 

ちょっと問題なのは、試合の流れが止まってしまうことでしょう。

どうしても検証に時間が長くなってしまいます。

 

いい試合でも止めなければいけなくなり、流れが変わってしまう場合もあります。

現代のサッカー選手は、本当に大変だと思います。

 

集中を切らさないようにするのが、大変だからです。

しかも、アディショナルタイムも長いので、体力的にもかなりキツイ試合が増えました。

 

オフサイドもかなり難しくなって来たので、公平にするにはテクノロジーを使うのもしかたないです。

テクノロジーの進化が、はっきりと現れた大会でした。

 

あとは、インターネット配信ですね。

私もアベマでワールドカップを見ました。

 

カメラの切り替えなどがあり、これからの放送の主流になるんじゃないかと思わせるものでした。

世界最大の祭典ワールドカップが終わるーアルゼンチンの優勝―

最後は、アルゼンチンの優勝です。

いろんなタイトルを獲得してきたメッシが、やっとワールドカップで優勝できました。

メッシの大会だと言ってもいいすぎじゃないと思います。

 

2-0になったときは、アルゼンチンがこのまま優勝するかと思いましたが、延長からのPK戦で、道のりが長かったですね。

なんだかんだ35歳で優勝するのですから、すごいです。

 

今回は、アルゼンチンの優勝で終わりましたが、今後はムバッペの大会になるでしょう。

ちょっと規格外な感じがします。 

まとめ世界最大の祭典ワールドカップが終わるのまとめ

約1か月の戦いも終わりました。

楽しかったですね。

日本代表は、4年後にベスト8に入っているのでしょうか?

 

編集後記(1360)

昨日は、散歩したり公園に行ったりしました。

子供は元気ですね。

半袖の子がいて、びっくりしました。

 

55日記(1690)

「今日はいっぱい泣いた」と言っていました。

そんな日もあります。

 

66日記(917)

昼寝から起きて、ママがいないのがわかると、すぐに泣いていました。

父じゃだめなときも、多いですよね。

考え・思い・感じたこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所