段取りをするならノートに書き出してみよう

段取り
スポンサーリンク
この記事でわかること

ゴチャゴチャしたら、頭の中を書き出そう

かしわざき
かしわざき

今年も夏休みの予定がない税理士の柏嵜忠弘です。

東京都大田区で開業しています。

段取りってどうしたら良いの?と思っていませんか。

この記事では、段取りをするならノートに書き出すことをオススメしています。

この記事を読んで、段取りについて確認してみてください。

※この記事には、ノートと出てきますが、コピー用紙を使っても、パソコンを使っても良いです。

スポンサーリンク

段取りをするならノートに書き出してみよう

段取りをするならノートに書き出すのが良いと思っています。

なぜなら、全体を見ることができるからです。

頭の中だけで考えてしまうと、ゴチャゴチャしてしまいます。

 

例えば、色々やらなきゃ行けないことがあって、悩んでいるとします。

どこから手を付けて良いのかわからない場合は、とりあえず、ノートに書き出してみましょう。

そうすると、今何をしなきゃ行けないのかが、分かりますし、何をしなくても良いのかもわかります。

ノートを見て、

  • 何をやるか
  • 何からやるか

を、確認します。

 

まずやるのは、すぐにできてすぐに終わるものです。

すぐにできてすぐに終わるものとは、人によって違うと思いますが、5分くらいでできるものです。

すぐにできないものは、段取りをしましょう。

 

ゴチャゴチャになったらノートに書き出そう。

段取りできない人はノートに書き出さない

段取りができないと思っている人は、ノートに書き出しません。

頭の中だけで考えがちなのです。

ノートに書き出して、目で判断するほうが、頭の中だけで考えるよりは楽なのです。

とにかく、ノートに書き出してみましょう。

そうすれば、すぐにできるものばかりかもしれません。

 

やっぱりノートに書き出そう。

段取りは予測力

段取りをするということは、予測するということです。

段取りは、この後どうなる?という予測することが必要となります。

予測なので、当たらないこともあります。

当たらなかったら仕方ないです。

諦めましょう。 

私は、マイナス思考なので、

  • こんなこと起きたらどうしよう

と常に考えています。

段取りをする時は、最悪の事をいっぱい予測して、それの対処を考えておきます。

 

最悪のことが起きなかったらラッキーですし、考えてないことが起きたら、次に活かすしかありません。

 

段取りするのは、予測が必要です。

段取りをするならノートに書き出してみようのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

見出し
  • ゴチャゴチャになったらノートに書き出そう
  • すぐできるものは、すぐにやってしまおう
  • 段取りは、予測が必要

 

編集後記

段取りについて、書いてみました。

できるかできないかは、やってみるしかないですね。

 

昨日は、外出したので、帰りにハブに寄りました。

ギネスが気楽に飲めていいんですよね。

 

55日記(1539)

保育園で水遊びするには、水遊びカードというのが必要なのですが、保育園に持っていくのを忘れてしまって、水遊びできませんでした。

家で「水遊びできなくてゴメン」というと、「お絵かき楽しかったからいいよ」と言ってくれました。

水遊びカード持っていくの忘れてごめん。

 

66日記(766)

最近は、「これあけてください」など、「〇〇してください」といいます。

誰の言葉を真似してるんだろう・・・?

 

 

段取り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
大田区を拠点として活動する税理士|柏嵜税務会計事務所