源泉徴収票で年末調整してるか見分ける方法と源泉徴収票がもらえない場合

年末調整
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜忠弘です。東京都大田区で開業しています。

源泉徴収票を見て、年末調整しているかどうか、気になることはありませんか?

たぶん、大部分の人が気になっていないと思います。

でも、実際に会社を辞めていないのに年末調整してない場合があるのです。

   

この記事は、年末調整しているのかどうかわからないという疑問を持っている人の悩みを、解決できる記事になっています。

記事の前半は、源泉徴収票のどこを見れば年末調整していないか分かります。余談で源泉徴収票がもらえなかった時のことが書いてあります。

この記事を読むと年末調整しているかどうか理解できるようになります。

スポンサーリンク

そもそも年末調整とは?

年末調整とは、1月1日から12月31日までの給料収入に対する税金を確定する作業のことです。

年末調整の税金は、所得税です。

住民税は、この源泉徴収票をもとにして申告していきます。

毎月支払われている給料や賞与から引かれている所得税は、概算額です。

概算額の所得税を給料や賞与から引いておいて、年末に1年分の給料収入が確定します。

その確定した給与をもとにして生命保険料控除などをして、1年間の所得税を確定する作業です。

  

年末調整をしているかしていないかは源泉徴収票を確認

年末調整をしているのかしていないのかを確認するには、源泉徴収票を確認してください。

なぜなら、源泉徴収票には、年末調整をしていない証拠が書いてあります。

実際に、「数字が入っていない場合」や「年末調整未済」と書いてある場合です。

以下の源泉徴収票の画像を見ながら確認します。

源泉徴収票の赤い枠にしか数字がはいっていない

国税庁のHPより引用

赤い枠の支払金額と源泉徴収税額にしか数字が入っていない場合は、年末調整していません

なぜなら、1月1日から12月31日までに支払った給料や賞与の金額の合計額と所得税額しか書いていないからです。

※源泉徴収税額=所得税と考えてください。

実際に、年末調整を行うと支払金額・給与所得控除後の金額・所得控除の額の合計額・源泉徴収税額の4つの欄に数字が入ってきます。

   

年末調整が済んでいる場合は、赤い枠のすべてに数字が入ってくる

国税庁のHPより引用

数字がどの部分に入っているのかを確認することが、年末調整がしてあるかどうかのカギですので、確認してみましょう。

源泉徴収票の摘要欄に年末調整未済と書いてある

源泉徴収票の摘要(てきよう)欄に年末調整未済と書いていある場合は、年末調整していません。

なぜなら、年末調整未済とは、年末調整が済んでいないということだからです。

実際に、下の図で確認します。

国税庁のHPより引用

 このように年末調未済と書いてある場合も年末調整をしていないことになります。

 源泉徴収票を書くにいしたい方は、こちらから確認してください。

源泉徴収票が両方に該当するなら間違いない

2つを分けて書きましたが、両方に該当する場合は、間違いなく年末調整をしていません。

今まで見てきた中で、ほとんど両方に該当する場合が多いですが、年末調整未済を書いていないことは良くあります。

年末調整未済は、書いていないことがあるので、まず最初に支払金額と源泉徴収税額を確認しましょう。

  

年末調整をしていなかったとわかったら次はどうする?

年末調整をしてしてないとわかったら、その源泉徴収票で確定申告をします。

確定申告をすれば所得税の返金(還付)を受けられるかもしれません。

なぜなら、年末調整をしていない場合は、1月1日から12月31日までの所得税額が確定していないからです。

年末調整していない場合の確定申告は、あまり難しくないので国税庁のHPからできると思います。

確認してみてください。

平成30年度確定申告特集(国税庁のHP)は、こちらから確認してください。    

余談ですが、源泉徴収票をもらえなかった時

源泉徴収をもらえなかった時は、源泉徴収票を催促しましょう。

なぜなら、源泉徴収票がなければ、年末調整しているのかどうか確認できないからです。

でも、源泉徴収票をもらえない場合は、たぶん年末調整をしてないでしょう。

源泉徴収票をもらえなかった時は、自分の収入が給料になるのかどうか、外注などの請負契約などになっていないかも確認しましょう。

請負契約の場合などは、源泉徴収票は発行されません。

    

もらえない源泉徴収票をもらう方法

源泉徴収票をお願いしても発行してもらえないときは、源泉徴収票不交付の届出書を使いましょう。

源泉徴収票不交付の届出書は、こちらから確認してください。

私は、実際に書いたことはありません。(えらそうに書いてますけど、経験ないです。)

でも、源泉徴収票を発行しなさいという趣旨の税務署からの手紙は、見たことがあります。

年末調整については、こちらの記事でも書いています。

      

源泉徴収票で年末調整してるのか見分ける方法と源泉徴収票がもらえない場合のまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

  • 年末調整していないのを見分ける方法
    • 源泉徴収票の支払金額と源泉徴収税額のところにしか数字が入っていない場合
    • 源泉徴収票の適用の欄に年末調整控除未済と書いてある場合

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。