社長が社員に年末調整で聞かれたら答えたいこと

年末調整
スポンサーリンク
かしわざき
かしわざき

税理士の柏嵜忠弘(かしわざきただひろ)です。

東京都大田区で開業しています。

年末調整のことを社員に話す時に不安はありませんか?

年末調整は、年に1度のことですから、覚えていないことも多いですよね。

実は、年末調整については、そんなに神経質にならなくても良いのです。

最終的には、確定申告で何とかなりますから。

そうは言っても、社員に年末調整のことを聞かれたら、ある程度答えたいですよね。

この記事は、前半で年末調整のこと、後半では転職で就職したことなどを書いています。

この記事を読むと、年末調整のことを社員に聞かれても心配なくなりますよ。

スポンサーリンク

そもそも年末調整とは?

年末調整とは、社員の1年間の給料収入に対する税金を確定する作業です。

毎月の給料から引いている税金は、所得税なのですが概算金額です。

1年間の確定した金額にするために、集まった概算額が多かったら還付して少なかったら徴収します。

1年間の給料収入に対する税金を確定する、というのがメインです。

   

年末調整については、下記の記事をどうぞ。

   

最終的な受け皿は確定申告

年末調整が出来なかった、年末調整していなかったという場合は、最終手段が確定申告になります。

なぜなら、確定申告は時期が年末調整の後になりますし、給料収入以外の税金を確定する場所だからです。

もし、「年末調整したくない!」という社員がいたら、確定申告してねって言えば良いのです。

(こんな社員いるかどうか分かりませんが…)

   

こんな時は年末調整をしていません

社員が源泉徴収票を持ってきたときに、年末調整しているかどうかを確認する場合は、持ってきた源泉徴収票を見ればわかります。

  

年末調整してるかどうかを確認する場合は、次の記事をどうぞ。

   

こんな時は年末調整するの?それは報告だけしてね

扶養控除等申告書などを記載間違いしたからと言って、すべて確定申告しなければいけないというわけではありません。

ちょこっと書類を変えればできますので、大丈夫です。

実際に、私が経験した間違いを確認していきましょう。

名前や生年月日が違う

たまにあるのが、子どもの名前や生年月日を間違えてしまうことです。

こんな場合は、年末調整後でも変更できますので気軽に言ってください。

住所などを間違えて書いてしまう方もいます。

アパートやマンションの部屋番号を203を202と書いてしまうのです。

記憶に不安な方は、会社で書かずに家に帰って落ち着いて書きましょう。

現在、スマホなんかでも年末調整の書類を作成できるようですが、扶養控除等申告書などを渡して書いてもらう方が多いです。

会計事務所などでも入力ミスが発生する可能性がありますので、源泉徴収票をもらったら、必ず確認しましょう。

年末調整終わった後に、子どもが扶養じゃないことが発覚した場合

再年末調整をできるか確認しましょう。

時期によっては、再年末調整ができるかもしれません。

個人的には、1月20日前なら何とか大丈夫だと思います。

でも、確定申告も覚悟しましょう。

    

扶養にについて良く「そんなこと聞けない」という方がいます。

特に息子さんや娘さんのバイト代を確認できない方が多いです。

よくあるのは、「大丈夫だと思います…、あいつ稼いでないですよ…」って感じで本人に確認しない方がいます。

    

頑張ってコミュニケーション取ってください。

扶養になるかならないかで税額が変わりますし、間違って扶養に入れて後でバレれば罰金がつきますよ。

    

昔、扶養って意味わからなかったけど、隣の社員を見たら奥さんの名前書いていたんで、俺も書いちゃいましたって人がいました。

もちろん、扶養じゃないですよねって連絡来てましたけど。

    

転職した場合の年末調整

転職した時の年末用調整は、通常と違う場合があります。

なぜなら、転職した年に前職があるかないかで変わってくるからです。

実際に、前職がある場合とない場合で説明したいと思います。

転職した年に前の職場がある場合

会社を辞めて再就職した場合は、辞めた会社の源泉徴収票を持ってくれば、その給料収入を含めて年末調整をします。

なぜなら、1年間の給料収入を確定させるには、他の会社で働いていた場合も含めてやるからです。

他の会社の分を含めて処理するのは変な感じですが、会社に損や得は出てきませんので安心してください。

社員全員から預かったお金の中から還付します。

足りなかったら、次の納税から差し引きますので、損や得はありません。

   

転職した年に前の職場がない場合

転職した年に前の職場がない場合は、今の会社で年末調整をしてもらえば、それで終わりになります。

   

副業している場合

副業している場合は、年末調整では対応できません。

なぜなら、副業は雑所得や事業所得になってしまうからです。

年末調整は、給料収入(給与所得)に対する税金を確定する作業ですから、その他雑所得や事業所得は確定申告になります。

   

そして、副業にアルバイトをしている場合も確定申告になります。

アルバイトしている場合など同時に2か所から給料収入がある場合は、確定申告になります。

転職した場合は、同時に2か所から給料収入がない時です。

  

副業などのことについては、下の記事を確認してください。

     

医療費控除とふるさと納税は、年末調整ではできません

社員が医療費の領収書やとふるさと納税の書類を持ってきても、年末調整ではできません。

なぜなら、医療費控除やふるさと納税は、確定申告だからです。

実際に、医療費の領収書やふるさと納税の領収書を、用意してくる方がいます。

医療費控除とふるさと納税は、確定申告と伝えてください。

   

ふるさと納税については、確定申告が必要ない場合もある

ふるさと納税は、住民税を特別徴収でふるさと納税が5自治体以内の場合は、ワンストップ特例制度が使えます。

会社で住民税を徴収していることも要件になりますが、ワンストップ特例制度の方が楽ですよと伝えてください。

   

社長が社員に年末調整のことで聞かれたら答えたいことのまとめ

最後にもう一度確認しましょう。

  • 年末調整は、1年間の給与収入に対する税金を確定すること
  • 年末調整の最終的な受け皿は、確定申告である
  • 転職した年に前職がある場合は、転職した会社に前職の源泉徴収票を持ってこよう
  • 転職した年に前職がない場合は、なにも気にしない
  • 副業している場合は、最終的に確定申告することになります
  • 医療費控除やふるさと納税は、確定申告でしかできません

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント