経費で落とすの勘違い5つ 会社を始めようとする人に読んで欲しい

会社を作る
スポンサーリンク
この記事でわかること

経費で落とすとはの勘違い

経費で落とすってなんだ?と思っていませんか。

色々勘違いしている場合があります。

かしわざき
かしわざき

PAPICOのコーヒーって美味しいよねと思っている税理士の柏嵜です。

東京都大田区で開業しています。

この記事は、会社の運営に必要な、経費で落とすの勘違いを5つ書いています。

この記事を読んで、経費で落とすの勘違いをなくしましょう。

経費で落とすの勘違い

経費で落とすという言葉を勘違いしている人がいます。

経費で落とすの勘違いの5つについて解説します!

  • 経費で落とすは、領収書があればOKじゃない
  • 経費で落としても、あまり税金は減らない
  • 経費で落としても、お金が帰って来るわけじゃない
  • 借入金の返済は、経費で落ちない
  • 購入金額が30万円以上のものは、1度に経費で落ちない

各項目について、説明していきます。

経費で落とすは、領収書があればOK

経費って領収書があればOKと思っていませんか?

領収書があればすべて経費になるわけではありません。

なぜなら、仕事に関連したものでなければ、経費にはならないからです。

経費で落とすには、領収書が必要となりますが領収書があっても、仕事に関連しないと経費にはならないのです。

例えば、

  • 友達と飲みに行った
  • 友達にプレゼントを買った
  • 友達と旅行に行った

は、仕事に関係しないので経費になりません。

サラリーマンが、友達と飲みに行って領収書を会社に出しても、認められないのと同じです。

会社を経営していても、友達と飲みに行った領収書は経費にならないのです。

経費は、領収書があってもOKじゃなく、仕事に関連しないと経費になりません。

経費で落としても、あまり税金は減らない

経費をつかっても、あまり税金は減りません。

なぜなら、税金は利益に税率をかけて計算するからです。

税金を0円にするには、利益と同じ金額の経費を使わなければいけません。

 

会社の場合は、利益に対する税率はだいたい30%となります。

30万円の税金だったとして、0円にするには100万円の経費が必要となります。

実際に、数字を使って確認したいと思います。

 

例えば、

利益が100万円で税率が30%だとします。

利益が100万円出たあとに、税金を減らそうと経費を使ったとて比較します。

 そのままの場合利益を50にする場合利益を0にする場合
利益100万円100万円100万円
経費0▲50万円▲100万円
差引100万円50万円0円
税金(利益×30%)30万円15万円0円
出ていったお金(経費+税金)0円+30万円=30万円50万円+15万円=65万円100万円+0円=100万円
残るお金100万円-30万円=70万円100万円―65万円=35万円100万円―100万円=0円

表を見てわかりますが、そのままの場合が1番出ていったお金が少ないのです。

利益=お金だとすると、経費を無理やり使って税金を減らすよりは、お金を使わないほうが会社にお金が残ります。

会社に必要なものを買えば経費で落とすことができますが、やりすぎるとお金がなくなってしまいます。

 

経費で落とすと、税金よりお金が減っていく

経費で落としても、お金が帰って来るわけじゃない

経費を使うとお金が帰って来ると思っていませんか?

経費を使っても、お金は帰って来ません。

 

なぜなら、そんな仕組みはないからです。

サラリーマンの場合は、仕事で必要なものを購入すると、会社からお金が支払われますので、返金されているように感じます。

でも、会社が負担していて、国から返金されているのではありません。

 

副業などを始めて、副業に関するものを購入する場合は、自分のお金で払っていきます。

誰も補填してくれません。

 

経費で落としてもお金は帰って来ない。

借入金の返済は、経費にならない

経費で落とすの勘違いで、借入金を返済すると経費になると思っている人が多いです。

借入金は、お金を返済しても経費になりません。

 

なぜなら、借入金は、借りてお金が入金しても、収入(売上・雑収入)にならないからです。

その逆の借入金返済も経費にならないということです。

経費になるのは、利息部分だけとなります。

 

借入金の返済は、お金は出ていくけど経費で落ちない

 

☆☆☆関連記事☆☆☆

借入金を返済しても経費にならないってホントなの?

購入金額が30万円以上のものは、1度に経費で落ちない

青色申告をしている場合ですが、購入金額が30万円以上のものは、減価償却という方法で経費にしていきます。

そのため、1部しか支払った期の経費となりません。

最終的には、全額経費になりますが、払った期じゃなく数期に渡って経費にしていきます。

 

購入金額が30万円以上のものは、1度に経費で落ちない

 

☆☆☆関連記事☆☆☆

会社の固定資産はいくらから計上?いくらまでが経費?

経費で落とすの勘違い5つ 会社を始めようとする人に読んで欲しいのまとめ

最後にもう1度確認しましょう。

経費で落とすの勘違い5つ 会社を始めようとする人に読んで欲しいのまとめ
経費で落とすの勘違い5つ 会社を始めようとする人に読んで欲しいのまとめ
  • 経費で落とすは、領収書があればOKじゃない
  • 経費で落としても、あまり税金は減らない
  • 経費で落としても、お金が帰って来るわけじゃない
  • 借入金の返済は、経費で落ちない
  • 購入金額が30万円以上のものは、1度に経費で落ちない

55日記(1207)

補助付きで自転車を練習していますが、けっこう乗れています。

でも、すぐよそ見をしてしまうので、あぶないです。

66日記(434)

公園で30分くらい歩かせたら、4時間くらい昼寝しました。

とても疲れたようです。

会社を作る
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
柏嵜税務会計事務所