消費税8%から10%に(9月から10月)にまたがる取引―定期券など―

消費税
スポンサーリンク

令和元年10月1日から消費税が8%から10%になります。

いろいろと消費税増税の準備を始めている方も多いと思います。

 

定期券はいつ買ったら良いの?前売りのチケットの消費税はどうなるの?

というところを一緒に勉強したいと思います。

スポンサーリンク

定期や回数券はいつ買ったら8%なのか?

8%で購入したい場合は、令和元年9月30日までに購入すれば8%です。

なぜなら、平成26年4月1日から令和元年9月30日までに購入したチケットは、令和元年10月1日以降に消費される場合であっても8%が適用されるからです。

※平成26年4月1日~令和元年9月30日は、消費税の8%の期間です。

対象となる料金

  • 汽車、電車、タクシー、船舶、航空機に掛かる旅客運賃(料金)
  • 映画、演劇、芸能、音楽、スポーツ、見せ物を不特定多数の者に見せ、または聴かせる場所への入場料金
  • 競馬場、競輪場、小型自動車競走場、モーターボート競走場への入場料金
  • 美術館、遊園地、動物園、博覧会の会場その他不特定かつ多数の者が入場する施設または場所でこれらに類するものへの入場料金

具体的には、電車の回数券、電車の定期券、前売りの映画や前売りの美術館の入場料金などです。

 

前売りのチケットや前売り乗車券を例とした場合

 

定期券を例とした場合

プロ野球などの年間シート

プロ野球などの年間シートは、定期券と同じ考え方になります。

プロ野球などの年間シートは、一定期間継続して利用するためにその期間分を一括して支払っています。

定期券と同じように令和元年9月30日以前に購入した年間シートは、消費税が8%になります。

チケットレスサービスなどの乗車券が発行されない場合も適用されます

乗車券が発行されているかどうかは、消費税の8%か10%かは関係ありません。

ICカードのチャージについては適用されません

ICカードのチャージは、チャージ=入金のため消費していないからです。

アップグレードする場合

旅客運賃、映画、演劇などで令和元年10月1日以降にアップグレードを申し出た場合の消費税は、2つのケースが考えられます。

  • 追加によるアップグレードは、差額の支払いぶんのみ消費税は10%になります。
  • アップグレードが新規の契約となる場合は、その全額が消費税が10%になります。

追加によるアップグレードは、基本的な部分を令和元年9月30日までに契約し払いこんでいます。

そのため基本的な部分の消費税は8%になります。

追加によるアップグレード部分は令和元年10月1日以降に契約していますので、消費税は10%になります。

 

アップグレードが新規の契約になる場合は、令和元年9月30日までの契約を解約して新たに令和元年10月1日以降に契約していますので、消費税は10%になります。

 

消費税8%から10%に(9月から10月)にまたがる取引―定期券など―のまとめ

定期券や回数券は、令和元年9月30日までに購入すると消費税が8%になります。

定期券は、6か月分購入できます。

9月までに購入すると安く買えますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント